このページの本文へ

ペンタックス、映画『ハルウララ』公開記念のデジタルカメラ『ペンタックス オプティオ S50 ハルウララ』を発売

2005年03月11日 16時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ペンタックス(株)は10日、映画『ハルウララ』の公開を記念して、コンパクトタイプのデジタルカメラ『ペンタックス オプティオ S50 ハルウララ』を3月中旬に発売すると発表した。限定1000台を販売する。価格はオープン。

パッケージと本体
『ペンタックス オプティオ S50 ハルウララ』

『ペンタックス オプティオ S50 ハルウララ』は、連敗を続けても走っている人気の競走馬“ハルウララ”を主人公とした劇場公開映画『ハルウララ』の公開(4月予定)を記念して発売する製品。ベースとなるデジタルカメラは、2004年8月に発表した『ペンタックス オプティオS50』で、ハルウララをかたどったイメージ画像が起動画面とメニュー画面の背景に表示されるようになっているほか、ハルウララにまつわる画像/音声/映画のシーンなどを収録したオリジナルのSDメモリーカードが付属する。

起動画面
起動画面

カメラとしての基本機能は同等で、有効500万(総536万)画素CCDと、光学3倍の“smc PENTAXズームレンズ”(35mmフィルム換算で38~114mm相当)を搭載し、最大2560×1920画素の静止画や、320×240画素の動画の撮影が可能。記録は内蔵メモリー(約11MB)と別売のSDメモリーカードを利用。電源は単3形電池(アルカリ/リチウム/ニッケルマンガン/ニッケル水素)×2本またはリチウム電池(CR-V3)。リチウム電池では約420枚の撮影が行なえる(CIPA規格準拠)。本体サイズは幅89×奥行き26×高さ58.5mm、重量は130g。USBケーブル、AVケーブル、ソフトウェア(CD-ROM)、ストラップなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン