このページの本文へ

アスキーソリューションズ、音声認識を利用した議事録生成システム『議事録作成サポートシステム』を発売

2005年03月10日 20時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アスキーソリューションズは10日、音声認識技術を利用して議事録の作成を支援する『議事録作成サポートシステム』を開発し、11日に発売すると発表した。価格は、機材/導入作業/初期トレーニング費用を含め、103万9500円(2ユーザー)から。

録音画面
録音画面

『議事録作成サポートシステム』は、米スキャンソフト(ScanSoft)社が開発した業務用の音声認識ソフト『ドラゴンスピーチ・プロフェッショナル7日本語版』の音声認識エンジンをベースに、同社が開発した複数人同時録音プログラムと組み合わせることで、議事録の自動作成を行なえるようにしたのが特徴。会議などで参加者の発言内容を個別に録音し、テキストに自動変換、発言者名を付加して、発言時間順に結果を表示する。結果の表示はテキストとHTMLで出力できる。話者は2名から数十名まで対応可能という。認識エンジンを英語版の『Dragon NaturallySpeaking Professional English』に交換すれば、英語での議事録作成も可能。

印刷出力画面 HTML出力画面
印刷出力画面HTML出力画面

システム構成は、2~4名対応の場合、Pentium 4-1.80GHz以上と512MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機で、対応OSはWindows XP/2000。必要なハードウェアとソフトウェアを含むパッケージとして提供する。価格は、3名の場合が144万4500円から、4名の場合が126万円から。5名以上は問い合わせとなる。

同社では、テープ起こしに比べ倍以上のスピードで議事録作成が可能となるうえ、パソコンの初心者でも操作できるため、作業負荷が大幅に軽減できるとしており、人件費や外注費の削減などのコスト削減が行なえるとしている。一般企業や官公庁、マスコミなどに年間100セットの導入を見込んでいる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン