このページの本文へ

ファンレス+オーバークロック仕様のAGP版“GeForce 6600GT”カードがGigabyteから

2005年03月10日 00時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから“GeForce 6600GT”を搭載したAGP対応ビデオカード「GV-N66T128VP」が登場した。ヒートパイプで接続された大型ヒートシンクを装着したファンレス仕様である点が特徴だ。

GV-N66T128VP
ファンレス+オーバークロック仕様のAGP対応ビデオカード「GV-N66T128VP」。“GeForce 6600GT”を搭載
裏面
裏面。PCI Express x16対応の“GeForce 6600GT”搭載カード「GV-NX66T128VP」よりも大きいヒートシンクを装備する

 同社からはすでに、ファンレス仕様となるPCI Express x16対応の“GeForce 6600GT”搭載カード「GV-NX66T128VP」が発売されているが、今回登場したAGP版「GV-N66T128VP」が採用するヒートシンクはPCI Express版のそれよりもかなり巨大化。カードの3分の2ほどを覆うものとなっている。また、Gigabyteのウェブサイトによるとメモリクロックは1120MHzとなっており、公式仕様の900MHzより引き上げられているのも特徴だ。その他、搭載メモリはGDDR3 128MBでインターフェイスはVGA/DVI/TV-OUT(HDTV出力対応)。価格はアークで2万7980円となっている。

インターフェイス ポップ
インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUT(HDTV出力対応)アークによるポップ。コア500MHz/メモリ1120MHz(560MHz×2)と記載されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ