このページの本文へ

グーグル、“Googleサジェスト”日本語版の提供を開始

2005年03月09日 22時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

グーグル(株)は9日、“Googleサジェスト”の日本語版(ベータ版)の提供を同日付けで開始すると発表した。“Googleサジェスト”は、ユーザーが検索ボックスに入力している途中のキーワードから想定されるさまざまな言葉を提案(サジェスト)することで、入力をサポートする機能。提案されるキーワードは、検索ボックスに文字が入力されている瞬間から、検索ボックスにドロップダウン形式で表示され、マウスや矢印キーで選択できる。対応ウェブブラウザーはInternet Explorer。

画面イメージ
“Googleサジェスト”

例えば「観葉」という言葉を入力する場合、「k」を入力した段階で「kakaku」「kddi」などが提案され、「a」を入力して「か」を表示すると「確定申告」や「顔文字」などが提案される。「かんよう」と入力した状態では「涵養」や「慣用」なども提案され、「観葉」と変換を終えた段階では「観葉植物 育て方」「観葉植物 レンタル」などが提案されるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン