このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

KDDI、裏原宿にコミュニケーションスペース“KDDI DESIGNING STUDIO”をオープン――オスカー所属タレントがBJで登場!!

2005年03月01日 23時39分更新

文● 千葉英寿

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
竹下通りから見た“KDDI DESIGNING STUDIO”
竹下通りから見た“KDDI DESIGNING STUDIO”

KDDI(株)は1日、今月4日付けで東京・原宿にオープン予定の“KDDI DESIGNING STUDIO(KDDIデザイニングスタジオ)”のプレス内覧会を行なった。KDDI DESIGNING STUDIOは同社がコミュニケーション、マーケティング、コラボレーションの3つの機能を持ったコミュニケーション施設として開設するもの。単なる“auブランド”の携帯電話のショールームに終わらない、コマーシャルスペースの枠を超えた施設として、生活、エンタテインメント、アートなどシーンを問わず、顧客とのコミュニケーションを創造する場として展開する。

施設名称
“KDDI DESIGNING STUDIO(KDDIデザイニング スタジオ)”
オープン日
2005年3月4日(金)10:00(予定)
運営案内
開館時間:10:00~20:00(イベント等により、開館時間が変更になる場合あり)
休館日:年中無休
入場料:無料
所在地:東京都渋谷区神宮前四丁目32番16号(通称:原宿竹下口)
交通アクセス:JR 原宿駅“竹下口”より徒歩8分/東京メトロ 明治神宮前駅“5番出口”より徒歩4分/同 表参道駅“A2番出口”より徒歩10分
ウェブサイト
http://www.kds.kddi.com/

内覧会では会場公開に先駆け、1Fのライブステージにおいて説明会が行なわれた。本プロジェクトの責任者である同社執行役員 経営統括本部長の藤本勇治氏、KDDI DESIGNING STUDIOのプロデューサーである古見修一氏、KDDI DESIGNING STUDIOの館長を務める木村奈津子氏が出席し、同施設の概要を説明するとともに、その狙いについて語った。

KDDIの執行役員経営経営統括本部長である藤本勇治氏
KDDIの執行役員経営経営統括本部長である藤本勇治氏

藤本氏はKDDI DESIGNING STUDIOの位置づけを次のように語った。「KDDIはあらゆる通信を手がけている会社です。しかし、通信という性格上、目に見えるものはauの端末(携帯電話の本体)ぐらいです。そこで“お客さまと直接接する、目に見えるものを!”ということで考えたのがこの“KDDI DESIGNING STUDIO”です。いわばショールームなのですが、単なるショールームではありません。KDDIでは“Designing The Future(未来をデザインする)”を企業スローガンに掲げていますが、コンテンツをデザインするのがKDDI DESIGNING STUDIOです」

原宿という立地について藤本氏は、「立地は原宿と“裏原(ウラハラ、原宿の裏通り)”の接点という、原宿の一等地です。ここにコマーシャリズム過ぎて(宣伝色が強い)、面白くないものを作って、閑散としてしまってはかえって逆効果になります。そこで弊社の中でも“アンテナのしっかりした”若いスタッフでプロジェクトを立ち上げ、思い切った発想で構築しました。私も何度か“もっとコマーシャルなもの(宣伝力のあるもの)でもいいのでは”と思いましたが、そういう言葉を飲み込んで、スタッフに任せてきました」と、とにかく単なるショールームとはひと味もふた味も違うことを強調した。

さらに藤本氏は、KDDI DESIGNING STUDIOの3つの機能について次のように説明した。「1つめは“コミュニケーション”。押し付けがましくない展示を心がけ、さりげなくKDDIの商品、技術に接していただこうと考えています。2つめは“マーケティング”。私たちにとって、マーケティングの場所をどうするかが課題であり、ここでお客さまの生の声を取り入れたいと思い、“さりげないマーケティング”を行なおうと考えています。5Fにはカフェを設けましたが、ここでも情報を得たいと考えています。今回、カフェを運営するにあたって、カフェ・カンパニーに協力を得ましたが、価値観が共有できる素晴らしい企業に出会えたと思います。3つめは“コラボレーション”。アーティストデビューを狙っている人の登竜門としての機能や自分をアピールする場として、あるいは新しいコンテンツや映像技術を発表する場として、4Fにセミナールームを用意しました。ここでは例えば、“環境セミナー”のようなことが行なわれてもOKだと思います。全体として、ユニークでかつ面白いものができたと自負しています」

KDDI DESIGNING STUDIOの館長を務める木村奈津子氏 KDDI DESIGNING STUDIOのプロデューサーの古見修一氏
KDDI DESIGNING STUDIOの館長を務める木村奈津子氏。女性館長ならではの、きめ細かなサービスを期待したいKDDI DESIGNING STUDIOのプロデューサーの古見修一氏

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン