このページの本文へ

NTT Com、DDoS攻撃対策セキュリティーサービスの提供でトライアルを実施

2005年02月25日 18時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)は25日、不正アクセスの手法のひとつであるDDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack)対策セキュリティーサービスの商用化に向けてのトライアルを実施すると発表した。

DDoS攻撃対策の仕組み
DDoS攻撃対策の仕組み

トライアルでは、大規模ネットワークにおいてDDoS攻撃などの不正なトラフィックのみを抽出する技術を検証する“大規模ネットワークにおける DDoS攻撃などの早期検知手法の検証”や、攻撃トラフィックを遮断しながら同じ特徴を持つ正規トラフィックだけを通過させる技術を検証する“DDoS攻撃などによるトラフィックの遮断技術の検証”を行なうとともに、バックボーン事業者とユーザーが緊密/効率的にDDoS攻撃対策を行なえるフレームワークの検討を行ない、サービス化を検討する。機材の提供と検証サポートは、シスコシステムズ(株)、米Arbor Networks社、米CloudShield Technologies社、NTT情報流通プラットフォーム研究所が行なうという。期間は3月7日から4月30日まで。

同社では、トライアルで得られたDDoS攻撃などへの対処技術や、連携フレームワークなどの結果を基に、今年の夏をめどに次世代型セキュリティーサービスの提供を目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン