このページの本文へ

日本HP、ビジネス向けインクジェットプリンター5製品をHP Directplus専用モデルで発売

2005年02月18日 20時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は18日、SOHOから中堅企業向けのインクジェットプリンターの新製品として、『HP Business Inkjet 1200dtwn』、『HP Business Inkjet 2800』『HP Business Inkjet 2800dtn』の3製品と、複合機『HP Officejet 7210 All-in-One』『HP Officejet 6210 All-in-One』の2製品、計5製品を発売すると発表した。直販専用の“HP Directplus専用モデル”となり、“HP Directplusオンラインストア”、HP Directplusコールセンター(TEL.03-5304-6777)で販売する。納期は注文から3営業日。

価格は、『HP Business Inkjet 1200dtwn』が3万4860円、『HP Business Inkjet 2800』が4万9980円、『HP Business Inkjet 2800dtn』が9万9750円、『HP Officejet 7210 All-in-One』が3万9900円、『HP Officejet 6210 All-in-One』が2万9820円。発売日は、Inkjet 1200dtwnが25日、Inkjet 2800/2800dtnが3月1日、複合機は2月18日。

新製品は、従業員500名未満の事務所の73%がインクジェットプリンターを使用しているという同社の調査結果を背景に、自動両面機能を搭載し、低ランニングコスト化を図るなど、ビジネス向けの機能を強化したのが特徴。SOHOから中堅企業を対象に、コンシューマー向けプリンターからの買い換え需要や、価格面などでカラーレーザープリンターの購入を控えていた層の新規需要などを狙ったもの。併せて、HP Directplusによるプリンターの売り上げが2004年度第1四半期で前年同期比2.5倍になったことから、HP Directplus専用モデルとして販売することにしたもの。

『HP Business Inkjet 1200dtwn』 『HP Business Inkjet 2800』 『HP Business Inkjet 2800dtn』
『HP Business Inkjet 1200dtwn』『HP Business Inkjet 2800』『HP Business Inkjet 2800dtn』

『HP Business Inkjet 1200dtwn』は、無くなった色のインクカートリッジのみを交換できる4色独立型インクシステム(顔料系K/染料系CMY、各色304ノズル)を採用することで低ランニングコスト化を図ったA4対応のエントリーモデル。カラーレーザープリンターの約3分の2のコストで印刷でき、月間6250枚の大量印刷にも対応しているという。印刷速度はカラーで毎分24枚、モノクロで毎分28枚。両面印刷にも対応。解像度は最大4800×1200dpi。用紙は普通紙/インクジェット専用紙/フォト用紙/専用OHPフィルム、カード、封筒に対応しており、給紙枚数は最大400枚。プリント言語はHPAを採用。インターフェースは10/100BASE-TX、IEEE 802.11b/g、USB 2.0(Full-Speed)、パラレルを搭載する。対応OSは、Windows XP(64bit/32bit)/2000/Me/98、Mac OS 9.1以降、Mac OS X 10.1.5/10.2.x/10.3.x。本体サイズは幅506×奥行き464×高さ275mm、重量は12kg。電源はAC100~240Vで、消費電力は最大75W。

『HP Business Inkjet 2800dtn』はA3対応の上位モデル。4色独立型インクシステムを採用しており、カラーで毎分21枚、モノクロで毎分24枚の印刷が可能。解像度は最大4800×1200dpi。対応用紙は普通紙/インクジェット専用紙/フォト用紙/専用OHPフィルム、カード、封筒に対応しており、給紙枚数は最大400枚。プリント言語はHP PCL 6/5c、HP postscript level3 emulationに対応。インターフェースはUSB 2.0(Full-Speed)、パラレル、10/100BASE-TXを備える。対応OSは、Windows XP(64bit/32bit)/2000/Me/98、Mac OS X 10.1.5/10.2.3以降/10.3.x。本体サイズは幅676×奥行き588×高さ263mm、重量は19kg。電源はAC100~240Vで、消費電力は最大67W(アイドル時最大12W)。

『HP Business Inkjet 2800』は、給紙枚数が150枚(オプションで最大400枚)となり、自動両面印刷機能とネットワークインターフェース(10/100BASE-TX)をオプションとしたモデル。本体サイズは幅676×奥行き498×高さ199mm、重量は13.5kgとなる。

『HP Officejet 7210 All-in-One』 『HP Officejet 6210 All-in-One』
『HP Officejet 7210 All-in-One』『HP Officejet 6210 All-in-One』

『HP Officejet 7210 All-in-One』は、プリンターのほか、ファクス、スキャナー、コピーの機能を搭載したA4オールインワンプリンター(複合機)。ADF(自動原稿送り装置)を搭載しており、プリントだけでなく、ファクス/スキャナー/コピーも自動両面機能に対応しているのが特徴。インクシステムは、普通紙に適した顔料系黒インクを使用する4色プリントシステムと、フォト用紙の写真画質に適した6色プリントシステム(オプション)の交換式を採用しており、オプションのグレーフォトプリントカートリッジを利用した高品位モノクロ写真プリントにも対応。印刷/コピー速度はカラーが毎分20枚、モノクロが毎分30枚。解像度は最大4800×1200dpiで、4辺フチなし印刷に対応。対応用紙は普通紙/インクジェット専用紙/フォト用紙/専用OHPフィルム/カード/アイロンプリント紙/バナー用紙/封筒など。プリント言語はHP PCL レベル3、PCL 3 GUIまたはPCL 10に対応。

スキャン機能はCCDを利用し、光学解像度が2400×4800dpiで、最大補間解像度は1万9200dpi。入力はRGB各色16bit(Macintoshでは12bit)、出力は8bit。最大A4サイズまたはレターサイズのスキャンが行なえる。ファクス機能はG3(カラー対応)で、送信原稿サイズは最大A4またはレターサイズ。送信時間は1枚6秒(33.6kbps時)。パソコン接続時はPCファクスやカバーページ作成などの機能も利用可能。コピー機能はスキャンが最大1200×2400dpiで、プリント解像度は最大1200×1200dpi。拡大/縮小は25~400%。連続99枚のコピーが可能。

インターフェースは、USB 2.0(Full-Speed)、10/100BASE-TXを備え、USBのダイレクトプリント規格“PictBridge”にも対応。メモリーカードスロット(CF/スマートメディア/メモリースティック/SDメモリーカード/MMC/xDピクチャーカード対応)も装備しており、デジカメダイレクト機能にも対応。JPEG(Exif/UPF)と非圧縮TIFF(DPOF対応)をサポートしており、最大ファイル数はメモリーカード1枚あたり1000個、最大ファイルサイズは8MB(1200万画素)。スキャンしたデータをメモリーカードに記録することもできる。

電源はAC100~240Vで、消費電力(印刷時)は最大35W(アイドル時最大10W)。本体サイズは幅501×奥行き381×高さ290mm、重量は10.5kg。対応機種は、Pentium II/Celeron以上を搭載したPC/AT互換機、PowerPC G3以上を搭載したMacintosh。対応OSは、Windows XP/2000 Professional/Me/98 SE/98、Mac OS X 10.1.5/10.2.3以降/10.3.x、Mac OS 9.1以降。

『HP Officejet 6210 All-in-One』は、複合機のエントリーモデルで、印刷速度がカラーで毎分18枚、モノクロで毎分23枚。スキャン機能にはCIS方式を採用し、インターフェースはUSB 2.0(Full-Speed)のみで、メモリーカードリーダーは搭載していない。電源はAC100~240Vで、消費電力(印刷時)は最大60W(アイドル時最大9W)。本体サイズは幅450×奥行き384×高さ234mm、重量は6.8kg。

同社では発売を記念して3月31日まで“ビジネスにもHPインクジェット!キャンペーン”として、製品の性能に満足できなかった場合に購入日から30日以内なら返品を受け付ける“30日間使えるから安心―お試しキャンペーン”と、HP Business Inkjet(6モデル)/Officejet(3モデル)を通常価格より5000円から1万円程度安い価格で販売する“特別価格キャンペーン”を実施するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン