このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【特別企画】『PowerBook G4 17インチ 1GHz』ロードテスト(第1回)~ギターのサウンドデザイン(前編)~

2005年02月10日 21時53分更新

文● MacPower編集部 高橋幸治

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本記事は、MacPower2004年9月号の“LOAD TEST”に掲載された記事を再掲載したものです。
高橋幸治ー
MacPower編集長。それなりに経験を積み、それなりに年齢を重ねてきた成果だろう、最近、言っていいコトと悪いコト、やっていいコトと悪いコトの区別がかなりつくようになった。成長著しい35歳、一人っ子、B型。

どうもどうも! ご無沙汰! って、前回の「PowerBook G4 12"」のロードテストの最終回が6月号だったので、まぁ、実際は2カ月しか空いてないんですけど、「早くまたやれ!」というありがたいご要望もあり、今月から気持ちとマシンを新たに、ロードテストを再開することになりました。テストマシンは、なんと、「PowerBook G4 17"」! でも、CPUのクロック周波数は1GHz……。そう、どういうわけか初代Power-Book G4 17"です。

●SPEC

本体
起動システム:Mac OS X 10.3
メインメモリー:1GB
内蔵ハードディスク:60GB

周辺機器
FA-101(ローランド(株))
SD-20(ローランド(株))
SL-1200MK5(松下電器産業(株))
PMC-07 Pro(ベスタクス(株))



共用マシンをついに我が物に

なぜ、いま、初代「PowerBook G4 17"」なのか? 実はですね、このマシン、1年半ほど前に編集部の共用機材として購入したものなんですね~。つまり、“みんなのもの”。しかしMacPowerのスタッフ連中には、日々、「編集部のものはな、ぜ~んぶ編集長のものなんだよ!」と言い聞かせている。従って撮影/分解/ベンチマークテストといったひと通りのお役目が終わると、最新機種は自動的に筆者の手元にやってくるのだ。

とは言うものの、1年半はいかんせん長すぎるだろ? 正直、もうあんまり欲しくなくなっちゃったよ~。だってさ~、いま、もっと速いのあるじゃ~ん。でもな~、いまさらやっぱいいとも言えないしな~。まぁ、音楽をやるにはディスプレーが大きいに越したことはない。それに、前回のロードテストで取り上げた初代「PowerBook G4 12"」よりもCPUのクロック周波数だって速い。バスのクロック周波数も167MHzと高性能だ。3次キャッシュメモリーも1MB積んでいるわけだから、それなりの効果が期待できるだろう。グラフィックチップはPowerBook G4 12"と同じ「GeForce4 MX」だが、搭載するVRAM容量は2倍の64MB。きっと「初代とは言え、17インチモデルはさすがだよね!」ということになるに違いない。

よし、そう思って頑張ろう! 前回のロードテストでも何度か触れたとおり、シーケンスデータだけならまだしも、オーディオデータを大量に扱おうとすると、PowerBook G4 12"ではお手上げとなってしまうことが多かったわけだし。速い=偉いのだ。

魔の衝動買い

6月号に掲載したPowerBook G4 12"の記事の最終回は、「たまにはギターもいいもんだな~」というタイトルで、「Logic Audio 6」と「GarageBand」でのギターの録音に挑戦した。ここ数年はあまりギターに触ることもなく、音楽制作を再開してからも、“演奏の愉しみ”より“作曲の愉しみ”のほうに比重が移ってしまっており、まして近頃はDJの練習にうつつを抜かしているため、楽器を弾くという原初的な快感を忘れかけていた。しかしたまにギターを弾いてみると、これはこれでなかなか気持ちいいんですよね~。  というわけで、最近、うっかり衝動買いをしてしまった。6月に開催されたWWDCの基調講演でも、聴衆からひときわ熱い注目を浴びていた、独Native Instruments社の「Guitar Rig」だ。同製品は多彩なアンプおよび各種のエフェクターを忠実に再現したシミュレーション・ソフトウェアと、ボリュームペダルやワウペダルとして使えるハードウェア・フット・コントローラーを組み合わせた、ギター・サウンドメイキングのための統合パッケージ(写真1)

写真1
写真1 今月からロードテストをすることになった初代「PowerBook G4 17インチ」と、久しぶりにギターを弾いた勢いで買ってしまった独Native Instruments社の「Guitar Rig」(販売元:ミディア(株)、価格:オープンプライス/消費税込みの実勢価格は7万3000円前後)

今回はPowerBook G4 17"にGuitar Rigをインストールして、その使用感を報告することにしよう(たぶん、次回も)。Guitar Rigの動作条件としては、Mac OS X環境の場合、いちおうクロック周波数800MHz以上のPowerPC G3、256MB以上のRAM容量となっているが、推奨条件はクロック周波数1GHz以上のPowerPC G4、512MB以上のRAM容量となっている。おそらく前者の条件ではただ単に“動く”というだけで、実用的に“使う”ためには後者のスペックが不可欠なのだろう。

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中