このページの本文へ

Mebius PC-MW70J

Mebius PC-MW70J

2005年06月28日 12時58分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mebius PC-MW70J

シャープ

オープンプライス
24万9816円(SHARP PC ONLiNE価格)

メタリック感が溢れるソリッドなデザイン

Mebius PC-MW70J
写真1 13.3インチ/ワイド表示高輝度ピュアクリーン液晶パネル搭載のモバイルノート“Mebius”「PC-MW70J」。なお、写真は試作機を撮影したもので、製品版とは一部異なる場合がある。
アスキーとSHARP PC ONLiNEのコラボレーションサイト“SHARP PC ONLiNE 24”
シャープ製品はこちらから購入いただけます。画像をクリックするとアスキーとSHARP PC ONLiNEのコラボレーションサイト“SHARP PC ONLiNE 24”に移動します。

 夏モデルで新登場したシャープの“Mebius”「PC-MW70J」(写真)と「PC-MW50J」は、過酷なモバイルユースに耐えられる“ロングライフバッテリー”と、メインマシンとして利用可能な“ハイパフォーマンス性能”を兼ね揃えた、B5ファイルサイズのノートパソコンだ。ボディの素材にはマグネシウム合金を採用し、表示マスク(液晶パネルの額縁部分)と天板にはヘアライン・エッチング・アルマイトの複合表面加工という極めて手の込んだ処理が施され、メタリックさがこぼれるような高い質感に仕上がっている。ツルツルとした硬めの触り心地は新鮮で、パームレストに手を載せたり、モバイル時に手に取った際に心地よい感触を与えてくれる。金属質で光沢のあるボディーデザインとなると、触ったあとの指紋や汚れの目立ち具合が気になるところだが、キーボード面はヘアライン加工により汚れが付着しにくく、もっともツルツルしているパームレストも指紋はさほど目立たない。気になるようであれば、ハンカチでサッっと一拭きするだけで奇麗な状態がよみがえる。長期にわたって美しさを維持したまま利用できるうれしい仕様だ。



PC-MW70Jのキーボード
写真2 本体のデザインに合わせてシルバーカラーのキートップを採用するPC-MW70Jのキーボード。

 本体のカラーに合わせて、キーボード(キートップ)もメタリックシルバーの塗装が施されており、液晶パネルを開けるとこれまでのノートパソコンにない雰囲気が醸し出される。B5ファイルサイズながらキーピッチは19mmのフルサイズ。配列もイレギュラーなキー配置は見受けられず、クセのないスタンダードな作りになっている。キータッチは「コリッ」とした感触があるかなり硬めのものだ。最近のノートパソコンは軽いタッチが増えており、新鮮な印象を受けた。キータッチは個人の好みが分かれる要素のひとつだが、こういった強いタイプ感あるキーボードは、デスクトップパソコンを併用している人には特に受け入れやすいのではないだろうか。ポインティングデバイスはごく一般的なタッチパッドで、スクロール用ボタンなどは用意されていない(ユーティリティーソフトで右端、下端を使ったスクロール操作が可能)。



最新プラットフォーム「Sonoma」の採用で
パワフルなパフォーマンス

PC-MW70Jの天面
写真2 PC-MW70Jの天面。

 液晶パネルは、解像度が1280×800ドットのワイド表示タイプを搭載する。サイズは13.3インチとB5ファイルサイズとしては大きめで、XGAを超えるこの解像度でも見やすく使いやすい。基本スペックには、新世代Centrinoプラットフォーム「Sonoma」を採用する。チップセットはIntel 915GM Expressを採用。デスクトップ向けのIntel 915シリーズと同等の最新アーキテクチャと機能が盛り込まれている。グラフィックスアクセラレーターは、チップセット内蔵機能を利用する。

 メインメモリはDDR2-533(PC2-4200)に対応し、速度向上とともに消費電力の低下にも貢献している。オンボードに512MBが搭載されており、1基の空きメモリスロットにメモリモジュールを追加することで、最大1.5GBまで拡張可能だ。CPUはPentium M 740-1.73GHzで、スペックだけを見ればモバイルユースをターゲットとしたノートパソコンとは思えないほどパワフルな仕様となっている。これ1台でデスクワークから外出先まで、メインマシンとしてもフル活用するにも遜色のないモデルと言えよう。ドライブ類は、容量80GBのHDDと、光学ドライブとして軽量薄型(9.5mm厚)のDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。LAN機能は10/100BASE-TXのEthernet(有線LAN)とIEEE 802.11a/b/g(IEEE 802.11aは従来規格に準拠)対応のトリプル無線LAN機能を標準搭載する。



PC-MW70Jの底面
写真3 PC-MW70Jの底面。本来は動作保証範囲外だが、撮影のためにカバーをはずしている。右手前が容量80GBの内蔵HDD、その上が増設メモリの空きスロット。左上はIEEE 802.11a/b/g準拠の無線LANモジュールが装着されている。

7.5時間駆動の大容量バッテリ搭載
ヘビーモバイルにも使いたい

 特筆すべきはモバイル性能である。大きく高精細な液晶パネルを搭載しているが、本体サイズは幅312×奥行き227×高さ36.5(最薄部28.3)mmと一般的なB5ファイルサイズノートより横幅がやや大きい程度。重量は光学ドライブ内蔵にもかかわらず1.63kg。そしてバッテリ駆動時間は約7.5時間(JEITA測定法1.0)。

本体左右側面 前背面
本体左右側面。アナログRGB出力端子は、一般的なD-Sub15ピンで、外出先でプロジェクターなどに接続する際にも変換アダプターを持ち歩く必要がない。本体の前背面。今や使う機会がめっきり減ったモデム端子が、唯一本体背面のバッテリー脇に見える。本体前面にはSDカードスロットを備える。
写真4~7 本体左右側面、および前背面。

 光学ドライブを省略した“モバイル特化ノート”では、これより長時間駆動を誇るものもあるが、メインマシン兼モバイルノートとしては十分すぎるモバイル性を備えている。実機を手にしてみると、本体の前後(ヒンジ部分とキーボード手前)が丸みを帯びたデザインになっており、机の上においた状態からすばやく持ち上げられる構造になっている。パソコンを持ち出す機会が多いモバイルユーザーのはこうしたデザインもうれしいポイントだ。このほかにもモバイルを支援する機能として、省電力ソフトウェアの設定をワンタッチで切り替える“ecoボタン”がキーボード右上に搭載されている。このボタンを続けて押すことにより、省電力設定がフルパワー⇒ノーマル⇒モバイル向けと簡単に変更できる。もちろん設定内容はカスタマイズ可能。設定できる項目は

  • 画面輝度
  • CPU速度
  • ワイヤレスLAN(オン/オフ)
  • HDDオフ(待ち時間)
  • スタンバイ(同上)
  • DVDドライブ電源

――など多岐にわたる。

ACアダプタ
写真8 PC-MW70Jの付属ACアダプタ。モバイルノートでは一般的なサイズで、本体と一緒にかばんに入れてもかさばらない。ACアダプタの入力コネクタは左側面の奥なので、ケーブルが光ドライブのアクセスを邪魔する心配もない。

 万一の盗難や置き忘れの際に重要データの流出を最小限にするためのセキュリティソフト「メビウスプライバシーBOX」もインストールされている。これは、ユーザーが指定したファイルの閲覧や編集、アクセスの際にパスワード入力を求めることで、悪意のある第三者による閲覧/変更/持ち出しなどを防ぐもの。情報漏えいに対する危機意識が高まっている現在、モバイルでの利用が多いユーザーには、こうしたデータの保守性能を高める機能は極めて有用だ。そのほかにも、本体の廃棄、譲渡時にHDDを完全消去する「ハードディスク消去ユーティリティ」も用意されている。

 また、USBで定められた挿抜1500回の約8倍となる1万2500回に耐える“挿抜耐久性強化タイプ”のUSBコネクタを採用しており、頻繁に抜き挿しを行なう“USBキー”の利用にも耐える設計となっている。セキュリティー(情報漏洩対策)に敏感なオフィスユースでは、別売のUSBキーと組み合わせて利用することにより、メビウスプライバシーBOXと合わせてより強固なセキュリティー環境を構築できる。モバイル利用が多い方には嬉しい配慮だ。

“ecoボタン” モード切替の画面
キーボード右奥にある“ecoボタン”。ボタンを押すと画面にこのモード切替画面が表示される。ボタンを押すたびにモードがトグルする仕組みだ。
写真9、10 “ecoボタン”と切り替え画面。

 一般的なシルクプリントでは得られない、ヘアライン加工の美しい本体ロゴ、ソリッドで金属感に溢れるメタリックなデザインとカラーリングと、どこで使っても人目を引く美しいノートパソコンに仕上がっている。本体性能もメインマシンとしても使える十分なパフォーマンスと、ヘビーモバイルにも耐えられるスタミナを両立させており、最近の金太郎飴的なモバイルノートパソコンとは一線を画す、お勧めの1台だ。メインマシンとモバイルを兼用させるノートを欲している方は、ぜひ販売店でその姿を確かめていただきたい。購買欲がググッと沸き上がってくる、そんな魅力を秘めたモバイルノートであることが分かってもらえるはずだ。

Mebius PC-MW70Jの主なスペック
製品名 PC-MW70J
CPU Pentium M 740-1.73GHz
OS Windows XP Professional SP2
メモリ(最大) DDR2 SDRAM 512MB(1.5GB)
チップセット Intel 915GM Express
液晶/解像度 13.3インチ/1280×800ドット
ビデオ チップセット内蔵
HDD 約80GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD-RAM/R/RW2倍速、DVD+RW/+R2.4倍速)
カードスロット PCカード TypeII×1、SDカードスロット
通信 IEEE 802.11a/b/g、10/100BASE-TX、V.92 56kbpsモデム
I/O USB 2.0×2、外部ディスプレイ出力端子、ヘッドホン出力など
バッテリ駆動 約7.5時間
サイズ 約312(W)×227(D)×36.5(最薄部28.3)(H)mm
重量 約1.63kg

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン