このページの本文へ

メモリ冷却は“袋”で!? Koolanceから“RADEON X800”シリーズに対応する水冷ヘッドが!

2005年02月06日 00時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KoolanceからATI“RADEON X800”シリーズほぼ全てに対応するというビデオカード用水冷ヘッド「VID-AT1-V06 X800/850」が登場した。特徴は、メモリの冷却方法。今までにない、ユニークなものとなっている。

「VID-AT1-V06 X800/850」
Koolance製ビデオカード用水冷ヘッド「VID-AT1-V06 X800/850」。これが閉じた状態
Hydra-Pak soft cooler technology
この袋が衝撃の「Hydra-Pak soft cooler technology」。プヨプヨと弾力性があるために、メモリがカードによって異なる配置でもジャストフィット

 その冷却方法とは、その名も「Hydra-Pak soft cooler technology」。写真のように、冷却液が入った“袋”である。なぜ“袋”なのかというと「弾力性があるためにカードによって異なる配置でもフィットしやすい(USER'S SIDE)」という理由。ある意味、衝撃的ともいえる冷却方法である。
 また、水冷ヘッド全体の作りも凝ったもの。表面と裏面は蝶番で接続されているため、取り付けは開いてビデオカードを挟み、閉じるだけというものだ。対応カードはリファレンスデザインの“RADEON X800 SE/Pro/XT/XL”と“RADEON X850 XT/XTPE”。現行の上位モデルのRADEONシリーズは、ほぼ全てカバーしている。販売しているのはUSER'S SIDE本店で、価格1万6590円だ。

表面と裏面 GPU側
表面と裏面は蝶番で接続されている。取り付けは開いてビデオカードを挟み、閉じるだけという簡単なものだこちらはGPU側。“RADEON X800 SE/Pro/XT/XL”と“RADEON X850 XT/XTPE”、幅広く対応するのも嬉しいところ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ