このページの本文へ

セキュリティキー機能を搭載したUSBメモリ「Jet Flash110」3モデルが登場

2005年02月06日 00時44分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Trancendから、セキュリティキー機能やパスワードロック機能を搭載したUSBメモリ「Jet Flash110」が登場した。同社ウェブサイトには128MB~2GBまでの5モデルがラインナップされているが、確認できたのは512/1GB/2GBの3モデル。

パッケージ
USBセキュリティ機能やパスワードロック機能も搭載したUSBメモリ「Jet Flash110」。左から512MB/1GB/2GBモデル
カラー
最上位モデルの2GBタイプ。全製品ともメタリックカラーとなっている

 USBコネクタは本体に収納可能なスライド式を採用。そのため、通常USBメモリに付属しているようなキャップがない。USB 2.0に対応しており、128MB~1GBモデルの読み込み速度は10MB/秒、書き込み速度は8MB/秒、2GBモデルの読み込み速度は18MB/秒、書き込み速度は14MB/秒となっている。
 おもしろいのは添付のソフトによる付加機能だ。インストールすることにより、メモリ本体をセキュリティキーとして利用することや、メモリ内を複数のパーテーションに区切ることで、それぞれのパーテーションにパスワードによるアクセス管理が可能となる。また、ブータブルデバイスとしても利用可能。サイズは64(W)×21(D)×10(H)mm、重さは11g。付属品として、USB延長ケーブル、ネックストラップ、ラベル用シールなどを同梱。Onenessで6日(日)から販売予定で、予価は512MBモデルが7000円前後、1Gモデルが1万2000円前後、2Gモデルが2万2000円前後としている。

コネクタ 付加機能
USBコネクタは本体に収納できる。右側面に見えるのがスライドさせるためのバー付属のソフトをインストールすることにより、搭載されているセキュリティキー機能によるPCのロックや内部データのパスワード管理などが可能になる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ