このページの本文へ

愛煙家の憩いの場所「Smokers' style 秋葉原店」から分煙機が消えた!

2005年02月04日 22時08分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2002年10月に秋葉原が歩行禁煙地区に指定されてから、はや2年半。中央通りと明神通りの交差点に位置するJT運営の無料喫煙スペース「Smokers' style 秋葉原店」は、愛煙家にとってはなくてはならない憩いの場になっている。ところが本日立ち寄って見ると、なんと8台設置されていた分煙機がすべて撤去されていた。

撤去後
8台あった分煙機が撤去された「Smokers' style 秋葉原店」

 分煙機があった場所には据え付けの角形の灰皿が設置されており、フロアはがらんとした雰囲気に! いつも利用していると思しき人は、この様子を見るなり「なんじゃ、コリャ……」と思わず声を上げる一幕も見られた。保守をしている店員に話を聞いたところ、分煙機の撤去は今朝行なわれたとのこと。これは2月中旬に2日間ほど閉店して改装を行なうためで、「Smokers' style 秋葉原店」がなくなるわけではないという。秋葉原を利用する愛煙家にとっての“聖域”は、まだ大丈夫のようだ。

灰皿 外観
分煙機のあった場所には、このような据え付けの灰皿が用意されている「Smokers' style 秋葉原店」は2月中旬に2日間ほど閉店して改装を行なうとのこと
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ