このページの本文へ

Socket 754でPCI Express対応!「K8N Neo3-F」がMSIから!AGPスロットも搭載!?

2005年02月04日 18時51分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCI Expressに対応する初のSocket 754マザー、MSI製「K8N Neo3-F」が登場した。チップセットは“nForce 4-4x”で、“nForce 4”シリーズチップセットを搭載するSocket 754マザーという意味でも初の製品となる。PCI Express x16スロットを装備するのはもちろんだが、その下はAGPらしきスロットが。ユニークな特徴の多い製品だ。

「K8N Neo3-F」
“nForce 4”マザーとしては初のSocket 754対応製品、MSI製「K8N Neo3-F」

 nVIDIAのウェブサイトによると、“nForce 4”シリーズがサポートするのはPCI ExpressとPCIだけとなっている。MSIはこのAGP(のような)スロットを“AGR(Advance Graphics Riser)”スロットと呼んでおり、AGPと互換性のあるスロット、と説明している。AGPそのものではないため対応するグラフィックカードは制限されており、マニュアルおよびMSIのウェブサイトには動作確認が取れている製品のリストが掲載されている。
 チップセットは“nForce 4-4x”、拡張スロットは前述したようにPCI Express x16×1、AGR×1、PCI Express x1×1、PCI×3、DIMM×2。4ポートのSerial ATA(RAID対応)、5.1チャンネルオーディオ、ギガビットイーサネットがオンボード。価格はアークで1万2800円、フェイスで1万3270円、TWOTOP秋葉原本店で1万3280円、高速電脳で1万3300円。

前面のアップ “AGR”
PCI Express x16スロットの下には、AGPとそっくりにスロットがマニュアルより。AGPではなく“AGR”と記載されている
互換性 対応ビデオカードのリスト
“AGR”はAGPそのものではなく、あくまで互換性のあるスロット。対応するグラフィックカードは制限される対応ビデオカードのリスト。MSIのウェブサイトには同様の内容がPDFファイルで掲載されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ