このページの本文へ

高速電脳からオリジナルXeon用CPUクーラー登場!“リテールより静か”をアピール!

2005年02月03日 20時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高速電脳から、同店オリジナルのXeon(Nocona)用CPUクーラー「KD-MG604-N Gemini-N」が登場した。製品は2個1セットで、価格は1万7800円だ。

Gemini-N
「KD-MG604-N Gemini-N」。2個1セットで販売中。リテール版に付属するクーラーより静かとうたわれている
デモ
同店のデモ機に搭載しているようす。「Xeon(Nocona)用CPUクーラーとしては、これ以上大きいと確実に周囲のパーツに干渉するギリギリのサイズ」という

 このCPUクーラーは、ヒートパイプ搭載のアルミ製ヒートシンク(クーラーマスターのOEMモデル)と、80mm角のXinruilian製ファン「RDH8025B」(回転数3000rpm/騒音値30.78dB)を組み合わせた製品。ポイントとなるのは、同店の“職人”シリーズでもお馴染みの長尾製作所が手がけているという、ヒートシンクサイドに取り付けられたステンレス製のプレートだ。「Xeon(Nocona)用CPUクーラーのサイズとしては、これ以上大きいと確実に周囲のパーツに干渉するギリギリのサイズ」というヒートシンクに、80mm角ファンを取り付け可能にするステイとしての役割のほか、ファンの振動を防止するという効果もあるという。
 下の写真は、Iwill製マザーボード「DH-800-JC」に実際に取り付けて動作させているところ。隣接するビデオカードとはかなり接近している様子がうかがえるが、同店では「絶縁シートなどを利用して干渉を防いでほしい」としている。なお、その他搭載可能なマザーボードや対応クロックについては、随時同店のウェブサイトにて公開されていく予定。興味のある人は、スタッフに声をかけてみるとよいだろう。

ファン 上から
ファンは、振動を防止する役目もあるというステンレス製のプレートに2点留めされている上から撮影。ビデオカードは製品によっては干渉のおそれもあるので、使用前に確認しておきたい
CPU表面温度 ベース
デュアルXeon-3GHzで動作させているところ。高速電脳によると「3.4GHzまではいけそう」ということだが、その他のクロックについても近日中に確認する予定だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ