このページの本文へ

DivXへのリアルタイムエンコードが可能なELSA製TVキャプチャユニットが登場!

2005年02月01日 21時52分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ELSAから、DivXへのリアルタイムエンコードが可能なUSB 2.0接続の外付けTVチューナ/キャプチャユニット「EX-VISION 1700TV USB」が登場した。ハードウェアエンコードタイプで、DivXのほかMPEG-2/4のエンコードが可能となっている。

本体
DivXへのリアルタイムエンコードが可能なUSB2.0接続の外付けTVチューナ/キャプチャユニット「EX-VISION 1700TV USB」
認証
DivX Networksから正式認証も受けている

 エンコードチップには、WIS technology製“GO7007SB”を採用。これは以前紹介したプレクスターの外付けTVチューナ/キャプチャユニット「PX-TV402U/JP」に搭載されているものと同じだ。録画可能な最大解像度とビットレートは、DivXが720×480ドット/1~15Mbps、MPEG-2が720×480ドット/1~15Mbps、MPEG-4が352×240ドット/300k~2Mbps。音声はMP3(MPEG-1 Layer3)のみ。DivXでの録画では、4GB以上のファイルを作成することも可能となっている。TVチューナーはVHFが1~12ch、UHFが13~62ch、CATVがC13~C63chをサポート。ゴーストリデューサ機能や3D Y/C分離、ノイズリダクション機能も搭載する。インターフェイスは、USB 2.0(miniB)×1、TVアンテナ(ミニジャック)×1、 S-Video×1、 コンポジット映像/音声入力端子×各1など。サイズは、156(W)×17(D)×91(H)mm。付属品として、RF/ミニジャック変換アンテナケーブルやACアダプタ、“ADAMS-EPG+”に対応したTV録画ソフト「INFO.TV Plus」が付属する。価格は、Onenessで1万9750円、フェイスで1万9770円、TWOTOP秋葉原本店で1万9780円、ZOA 秋葉原本店で1万9800円、パソコンハウス東映とTSUKUMO eX.で1万9980円。

サイズ インターフェイス
サイズは156(W)×17(D)×91(H)mmとタバコの箱2.5個分ほどインターフェイスはTVアンテナ(ミニジャック)×1、 S-Video×1、 コンポジット映像/音声入力端子×各1が用意されている
インターフェイス2 付属品
USB 2.0(miniB)とAC電源コネクタが搭載されているAC電源のほか、RF/ミニジャック変換アンテナケーブルが付属する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ