このページの本文へ

ボーダフォン、姿勢制御センサーやTVチューナーを内蔵した携帯電話『V603SH』など2機種を発表

2005年01月31日 21時00分更新

文● 編集部 内田泰仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ボーダフォン(株)は31日、PDC方式携帯電話の新製品として、『V603SH』(シャープ(株)製造)および『V603T』((株)東芝製造)を2月中旬に発売すると発表した。両機種ともに地上アナログ放送用TV/FMラジオチューナーを内蔵し、『V603SH』は携帯電話機本体の傾きや動きを感知する“モーションコントロールセンサー”を搭載する。

『V603SH』。写真の本体カラーは“ブリーズィゴールド”

『V603SH』は、姿勢制御センサー“モーションコントロールセンサー”やTVチューナーを内蔵するエンターテインメント性を重視した携帯電話。これまでのシャープ製端末と同様に、液晶ディスプレー部が開閉動作に加えて180度の回転動作も可能な2軸回転デザイン“Swivel Style”(スウィーベルスタイル)を持ち、蓋を閉めた状態でも液晶ディスプレーを表側に出しておくことが可能。

“モーションコントロールセンサー”の概要を説明するスライド“モーションコントロールセンサー”を用いたアプリケーションのひとつ“簡易方位計”。3Dモードでは、方位に加えて本体の傾きも視覚的に表現する

“モーションコントロールセンサー”の説明を行なったコンシューマプロダクトマネジメント部課長代理の井上幹郎氏
“モーションコントロールセンサー”は、同社と愛知製鋼(株)が共同開発した、地磁気センサーと加速度センサーをワンチップ化した複合センサーで、5軸(3方向の姿勢角度+2方向の加速度)の解析が可能となっている。本機ではこのセンサーを利用した機能として、本体を上下左右に傾けることでメニュー内のカーソルを操作する“モーションコントロールカーソル”、あらかじめ登録した本体の動き(左右に振る、など)ごとに機能を呼び出す“モーションコントロールショートカット”、“簡易方位計”などを内蔵するほか、センサーを活用したJavaアプリケーション“Vアプリ”として、本体の傾き度合いで銃口の位置を変えられるガンシューティングゲーム『The House Of The Dead MOBILE』((株)セガ提供)や、本体をゴルフクラブに見立ててスイングすることでボールを飛ばすゴルフゲーム『振るスイング!ゴルフ』((株)タイトー提供)の体験版がプレインストールされる。

TVチューナー関連の機能としては、視聴中のテレビ/ラジオ番組の保存(録画/録音およびテレビ番組の静止画キャプチャー)、電子番組表(EPG)にによる番組検索や番組情報の確認、“モーションコントロールセンサー”により本体の向きに合わせた画面の縦横表示を自動で切り替える機能などを持つ。

内蔵カメラは有効202万画素のCCDを撮像素子に採用し、オートフォーカスや光学2倍ズームレンズを備える。液晶ディスプレーは、240×320ドット/26万色表示の2.4インチ“モバイルASV(Advanced Super V)液晶”パネルを採用。このほか、採点機能付きのカラオケ機能、ミュージックプレーヤー機能などを搭載する。

本体サイズは約幅50×奥行き25×高さ99mm(折りたたみ時)、重さは約142g。連続通話時間は約130分、待ち受け時間は約450時間、テレビ/FMラジオの連続視聴時間は最大約60分。外部メモリーはSDメモリーカードに対応。本体カラーは“ブリーズィゴールド”“ピュアシルバー”“ヒーリングブルー”の3色。



『V603T』。写真の本体カラーは“ピンク&ピンク”

『V603T』は、携帯電話でテレビを楽しむことに重点を置いた端末。TV/FMラジオチューナー内蔵という点は『V603SH』と同様だが、よりTV視聴を気軽に楽しむために、本体を開いた状態から側面にあるロック解除ボタンを押しながら背面方向に360度回転して折りたたむとテレビが自動的に起動する“TVビュースタイル”を採用するほか、テレビを視聴しやすい角度で本体をセットできるようにデザインされた卓上ホルダー、ケーブルが絡みにくい巻き取り式のイヤホン/アンテナケーブルが付属する。このほか、テレビ/ラジオ番組の保存機能や電子番組表(EPG)対応については『V603SH』と同様の機能を備える。

一見普通にディスプレー部分を開いているだけに見えるが、よく見ると180度以上開いた状態になっているのがわかる。本機はこのままディスプレー部を背面側まで開ききることが可能で、2軸回転式とは違うアプローチでディスプレーを表側に向ける工夫を施している“TVビュースタイル”の状態で卓上ホルダーにセットしたところ。テレビを見るのにちょうどいい角度の傾斜がつけられている

有効131万画素のCMOSセンサーを撮像素子に採用したデジタルカメラを内蔵し、ディスプレーには、メインとして240×320ドット/26万色表示の2.4インチ“スーパーファインポリシリコンTFT液晶”パネルを、サブとして112×112ドット/6万5000色表示の1.1インチ“TFCC(Trim Fine Crystal Color)液晶”パネルをそれぞれ採用する。このほか、採点機能付きのカラオケ機能なども搭載する。

本体サイズは約幅50×奥行き25×高さ103mm(折りたたみ時)、重さは約142g。連続通話時間は約120分、待ち受け時間は約380時間、テレビ/FMラジオの連続視聴時間は最大約60分。外部メモリーはminiSDカードに対応。本体カラーは“ピンク&ピンク”“ブラック&シルバー”“ネイビー&グリーン”の3色。

“モーションコントロールセンサー”の実物。チップサイズは幅5.5×奥行き5.5×高さ1.5mm
なお、愛知製鋼は同日付けで“モーションコントロールセンサー”(同社では『G2(ジー・スクウェア) モーションセンサ』の製品名でリリース)に関するプレスリリースを行なっており、この中で、携帯電話以外の製品の応用分野として、自動車、ロボット、無人ヘリコプターなどの運動姿勢制御や、GPS(Global Positioning System)と組み合わせたナビゲーション機能などを挙げている。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン