このページの本文へ

PCI Express対応最強GeForce!“GeForce 6800 Ultra”搭載カードが店頭に!

2005年01月27日 23時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “GeForce 6800 Ultra”搭載ビデオカードとしては、初めてPCI Express x16に対応する製品「WinFast PX6800 Ultra TDH」がLeadtekから登場した。SLI対応カードとしては、もちろん最高峰となる製品だ。

「WinFast PX6800 Ultra TDH」 パッケージ
まさに最強のGeForceが登場。“GeForce 6800 Ultra”搭載ビデオカードとしては、初めてPCI Express x16に対応する「WinFast PX6800 Ultra TDH」パッケージにおおきな変化はない。ちなみに2本購入すると約14万円…

 ご存知の通り、従来のPCI Express x16に対応するGeForce 6シリーズの最上位モデルは“GeForce 6800 GT”搭載製品だった。今回の「WinFast PX6800 Ultra TDH」の登場により、SLI環境時においても同ビデオカードが最強モデルとなったわけだが、写真のように前回登場した同社製PCI Express x16対応の“GeForce 6800GT”搭載カード「WinFast PX6800 GT TDH」と同じく、完全な2スロット仕様。厚みがあるために装着するマザーボード側の拡張スロット構成は、2つのPCI Express x16スロットの間にPCI Express x1が2つ配置されているタイプ(現在、販売されているマザーで該当するのはASUSTeK「A8N-SLI Deluxe」のみ)でないと、SLI時にカード同士が干渉する可能性が高いので注意が必要だ。
 その他、搭載メモリはGDDR3 256MBでインターフェイスがDualDVI、6ピンPCI Express用外部電源を装備。同社オリジナルとなる直径60mmの「Air Surround ファン」を搭載し、騒音値が約30dB以下というのも特徴だ。価格および販売ショップは以下の通り。流通量は少なめで、各ショップとも入荷数は1~2本となっている。

ブラケット部 厚み
ブラケット部。SLIが可能なマザーは、おそらくASUSTeK「A8N-SLI Deluxe」のみとなるカードの厚み。背面に装着するヒートシンク板がSLI時には干渉するおそれがある
価格 ショップ
Leadtek
「WinFast PX6800 Ultra TDH」
\68,218 クレバリー1号店
\69,790(完売) フェイス
\69,800 アーク
\73.290 USER'S SIDE本店
価格未定(週末から販売) ZOA秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ