このページの本文へ

20GBのHDDを搭載するポータブルマルチメディアプレーヤが東海理化販売から登場!

2005年01月27日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東海理化販売から、20GBのHDDを搭載した「ポータブルマルチメディアプレーヤー MRIDE(型番:MR-ST20GS)」が登場した。

MRIDE
「ポータブルマルチメディアプレーヤー MRIDE(型番:MR-ST20GS)」。搭載する液晶は小型ながら、その分持ち運びには便利そうだ
メニュー
日本語表示のほか字幕表示可能(SMI対応)も可能。HDDの容量は20GB

 サイズ64(W)×110.5(H)×23(D)mm、重量約203gとなるこの製品。搭載する液晶がQVGA2.2インチTFT LCD(240x320/約26万色)とこの手の製品としてはやや小型のため、持ち運びには便利そう。一見するとデジタルカメラのようにも見える。
 内部には1.8インチの20GB HDDを搭載。動画(DivX 3.X/4.X/5.X/XviD/MPEG1/2/4)、音楽(MP3/WMA)、静止画(JPEG)などが再生可能だ。PCとの接続はUSB2.0。内蔵のリチウムポリマー充電池(充電は付属の専用ACアダプターかUSBケーブル)は、動画再生時で最大約5時間、音楽再生時で最大約10時間が使用可能となっている。なお、オプションとしてワイヤードリモコン(MR-STWR1)やテレビ接続キット(MR-STTV1)なども用意されているが店頭で販売されるかは不明。販売しているのはドスパラ本店で、価格は4万4800円となっている。

ボタン インターフェイス
メニュー選択、再生/停止等の操作は液晶下部のボタンで行うインターフェイスはUSB2.0。ステレオスピーカー内蔵でイヤホンも付属している。中央はテレビ接続キット用の端子
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ