このページの本文へ

インターチャネル、有害サイト遮断機能搭載のファミリー向けのセキュリティーソフト『V3 ウイルスブロック 2005 ファミリーセキュリティ』を発売

2005年01月26日 23時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターチャネルは25日、有害サイト遮断ソフト『i-フィルター for VB』を搭載したファミリー向けのセキュリティーソフト『V3 ウイルスブロック 2005 ファミリーセキュリティ』を2月25日に発売すると発表した。希望小売り価格は4980円。

設定画面 フィルターの強度
設定画面フィルターの強度(詳細)

『V3 ウイルスブロック 2005 ファミリーセキュリティ』は、(株)アンラボが開発し、2004年8月に同社が発表した総合セキュリティーソフト『V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ』に、デジタルアーツ(株)が開発したフィルタリングソフト『i-フィルター for VB』を搭載したのが特徴。主な機能は、有害サイト遮断、ウイルス駆除、スパイウェア駆除、不正侵入防止(パーソナルファイアーウォール)、迷惑メール対策、個人情報保護など。有害サイト遮断のための“ブラックリスト”(有害サイトのデータベース)は累計で1億1000万ページ以上になるという。子供がインターネットを使って見ようとしていたサイトを一覧表示することも可能で、各種設定はパスワードで保護できるようになっている。

製品パッケージ『V3 ウイルスブロック 2005 ファミリーセキュリティ』

対応機種はPentum III-500MHz以上を搭載したPC/AT互換機。対応OSは、Windows XP/2000 Professional(SP1以上)/Me/98 SE/98。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン