このページの本文へ

NEC、新デザイン採用のモバイルノートパソコン『LaVie G タイプJ』を直販サイト“NEC Direct”で2月1日に販売開始

2005年01月24日 11時33分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は5日、同社の直販サイト“NEC Direct(エヌイーシーダイレクト)”を通じて、高性能&携帯性を重視したモバイルノートパソコン『LaVie G タイプJ』を2月1日に販売開始すると発表した。最小構成での価格は16万4850円。

『LaVie G タイプJ』
高性能&携帯性を重視したモバイルノートパソコン『LaVie G タイプJ』

LaVie G タイプJは、今月6日に発表された2005年春モデルのノートパソコン“LaVie”シリーズにも含まれない直販専用モデル。同シリーズ(LaVie J)としては2004年5月に発表された、同じく直販専用モデル“ハローキティ生誕30周年記念パソコン”以来の製品発表となる。

本体サイズと重量は、幅272×奥行き237.5×高さ27.2(最薄部25.2)mm/約1.38kgと従来モデルから変わらないが、外観やスペックは大幅に変更された。キーボードは数字キーまでほぼ正方形のスクエアキートップ(キーピッチ17.55mm/キーストローク2.5mm)を採用し、コネクター類は本体両側面の奥に配置するなど、ユーザビリティー(使いやすさ)を優先してデザインしたという。

主なスペックは、CPUに超低電圧版Pentium M 733-1.10GHz、チップセットにはIntel 915GM Expressを採用し、グラフィックスアクセラレーターはチップセット内蔵機能を使用する。液晶ディスプレーは12.1インチXGA表示の低温ポリシリコンTFTパネル。メモリーはDDR2 SDRAM(PC3200)対応で最大1.2GBまで搭載可能(最小構成時は256MB)、HDDは40GB/60GB/80GBから選択可能。光ドライブは内蔵せず、外付けオプションとしてCD-R/RW&DVD-ROM対応コンボドライブもしくはDVD-RAM/R/RW&DVD+RW/+R対応“DVDスーパーマルチ”ドライブを用意する。

そのほかのスペックは、インターフェースがUSB 2.0×3/IEEE 1394(4ピン)×1/アナログRGBなど。通信機能は10/100/1000BASE-T準拠のGigabit Ethernetと、V.90準拠の56kbpsファクスモデムを標準装備し、B.T.O.オプションでIEEE 802.11a/b/g準拠(SuperA/G対応)の無線LAN機能を内蔵可能。拡張スロットはType II×1のPCカードスロットとCF type I/IIスロットを内蔵する。

バッテリーはリチウムイオンタイプで、駆動時間は約5.4時間(JEITA測定法1.0準拠の同社測定値)。消費電力は標準約16W/最大約50W。プレインストールOSはWindows XP Home Edition(SP2)もしくは同 Professional(SP2)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン