このページの本文へ

ロジテック、デジタル&アナログ対応の20.1インチUXGA液晶ディスプレー『LCM-T201AD/S(S)』を発売

2005年01月21日 17時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は21日、デジタル入力とアナログ入力に対応した20.1インチ液晶ディスプレー『LCM-T201AD/S(S)』を2月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は12万円前後。

『LCM-T201AD/S(S)』
『LCM-T201AD/S(S)』

『LCM-T201AD/S(S)』は、1600×1200ドット(UXGA)/1677万色(24bit)に対応し、視野角が上下/左右170度、コントラスト比が700:1、画素ピッチが0.255mmの“プレミアムMVA(Multi-domain Vertical Alignment)液晶パネル”を採用した20.1インチ液晶ディスプレー。輝度が250cd/2、応答速度は25ms。入力はデジタル(DVI-D24ピン)とアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を装備する。水平同期周波数は30k~83kHz。垂直同期周波数は50~85Hz。周波数のプリセットは22種類。色再現の国際規格“sRGB”に対応。画面表示モードは、色再現性が高くフォトレタッチなどに適した“ピクチャーモード”と、輝度/コントラストを低くして目を疲れにくくした“テキストモード”の2種類を用意し、本体前面のボタンで切り替え可能。アナログ入力の画面自動調整機能なども搭載している。

本体サイズは幅458×奥行き210×高さ418mm、重量は7.7kg(スタンド込み)。VESAマウント(100mm)にも対応。スタンドは、高さ調整(約12cm)、スイーベル(左右各40度)、チルト(上20度/下5度)が可能。盗難防止キーの取り付け穴も備えている。本体カラーはシルバーとブラックのツートーンを採用。電源はAC100Vで、60W(省電力モードでは3W以下)。ステレオスピーカー(アンプ付き)も内蔵する。対応機種は、PC/AT互換機、PC98-NX、Macintoshなど。デジタル信号ケーブル(長さ約1.8m)、アナログ信号ケーブル(長さ約1.6m)、オーディオケーブルが付属する。保証期間は3年間(液晶パネルとバックライトは1年間)で、1年間のピックアップサービス(貸出品対応付き)が提供される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン