このページの本文へ

あおぞら銀行とヤフー、インターネットバンキング業務で基本合意――ヤフーはクレジットカード事業にも参入

2005年01月20日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)あおぞら銀行とヤフー(株)は20日、あおぞら銀行の完全子会社あおぞら信託銀行(株)を母体として、共同でインターネットバンキング業務を行なうことで基本合意書を締結したと発表した。

これは、あおぞら銀行の銀行業務のノウハウや人材と、ヤフーのインターネット事業のノウハウや人材など、両社が強い部分を組み合わせることで、顧客にとって利便性が高く、生活に密着した銀行サービスを提供する目的で行なうもの。具体的には、あおぞら信託銀行が新株を発行し、いったん引き受けた後、両社が合意する金額でヤフーが譲り受けることで共同株主となる。最終的な議決権割合は、あおぞら信託が33.4%、ヤフーが66.6%。

あおぞら信託銀行の今後の主な業務内容は、インターネットを利用した個人向け決済サービスや消費者向けローンなどで、既存の信託業務も継続する。インターネットバンキング業務については2006年前半に開始するとしている。

ヤフーは同日付けで、クレジットカード事業に参入し、“Yahoo! JAPANカード”を発行することも発表した。“Yahoo! JAPANカード”は、ポイントプログラム“Yahoo!ポイント”を利用できるのが特徴で、オンラインショッピングモール“Yahoo!ショッピング”に利用すれば、通常のポイントに1%ぶんのポイントが上乗せされる。カード利用後の支払い回数の変更をインターネットで行なえるほか、インターネットで借り入れを指示することで口座に入金するネットキャッシングサービスも提供する。申し込みもインターネットで受け付け、審査の完了もメールで通知するという。

サービス開始は3月末から4月初旬の予定。年会費は、初年度無料(Yahoo! JAPANの利用状況などに応じた次年度以降の年会費の無料化を検討中としている。なお、運営は日本信販(株)にアウトソーシングするという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン