このページの本文へ

RADEONラッシュ!“RADEON X800 XL”搭載カードがバルク版で登場

2005年01月19日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日は“RADEON X850 XT”と同時に、“RADEON X800 XL”を搭載したビデオカードも登場している。メーカーはSapphire。バルク版の製品だ。

“RADEON X800 XL”
続々とデビューするRADEON。今度は“RADEON X800 XL”
カード
ブルーのお馴染みの基板を採用するSapphire製だ

 “RADEON X800 XL”は、新たに0.11μmプロセスとなったRADEON X800シリーズの製品。先週登場したPowerColor製「R43C-NVD3D(アスク型番:X8-DVIVO-P256D3)」が搭載する“RADEON X800”の上位モデルとなる。なお、ATIのウェブサイトによるコア/メモリクロックは400MHz/980MHzだ。
 ミドルレンジの製品ということで、カード本体もシンプルな作り。裏面のメモリにヒートシンクを装着しているが、冷却機構自体は小型だ。搭載メモリはGDDR3の256MB。もちろんPCI Expressx16に対応し、インターフェイスはVGA/DVI/S-Videoという構成。価格はドスパラアキバ店で4万9800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで4万9980円、ドスパラ秋葉原2号店 Prime館で5万980円となっている。今週末にかけてリテールパッケージ版も出回る予定だ。

裏面 付属品
裏面。メモリにはヒートシンクを装着している付属品。バルク版ながらケーブル類は一通り付く
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ