このページの本文へ

PFU、小型A6フラットベッドスキャナー『fi-60F』を発売――本人認証法に基づく確認義務を伴う業務に向けて

2005年01月18日 13時57分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)PFUは18日、はがきや免許証などA6サイズまでの小型原稿(反射原稿)の読み取りに対応するカラーフラットベッドスキャナー『fi-60F』を同日付けで販売開始すると発表した。法人・団体向けにシステム販売で提供され、価格は4万5990円。

A6フラットベッドスキャナー『fi-60F』
A6フラットベッドスキャナー『fi-60F』。同社でA6サイズのフラットベッドスキャナーを販売するのは、本機種が初となる

同社では、2003年1月に施行された、いわゆる“本人確認法”(金融機関などに顧客への本人確認を義務付けた法律および政省令)に基づき、提示された証明書の確認業務が発生するため、こうした小型フラットベッドスキャナーの需要が高まるとしている。

fi-60Fのカバーを開いたところfi-60Fのカバーを開いたところ。原稿押さえ用カバーは黒い

主な特徴は、USB 2.0接続でモノクロ/解像度200dpiでのスキャン速度が1枚あたり約1秒、カラー/150dpiでも約1.3秒という“高速読み取り”、原稿サイズや傾きを自動検出・補正する“自動傾き補正機能”“自動原稿サイズ検出機能”の搭載、ACアダプターを外付けにすることでクラス最小サイズ(同社調べ、2005年1月18日現在)の幅145×奥行き234×高さ40mmを実現、など。

このように原稿を斜めに置いても、カバーを開けた状態であっても、自動的に原稿位置や傾きを検出・補正する機能を持つ fi-60Fの背面
このように原稿を斜めに置いても、カバーを開けた状態であっても、自動的に原稿位置や傾きを検出・補正する機能を持つfi-60Fの背面。USBポート、電源入力端子のほか、移動時にヘッドを固定するためのスライドスイッチが見える

そのほかの主なスペックは、イメージセンサーにCMOS CIS(カラー密着型イメージセンサー)を採用、読み取り範囲は最大A6(148×105mm)、光学解像度は600dpi、出力解像度はカラー(24bit)/グレースケール(8bit)/モノクロ(2値)ともに50~600dpi。A/D変換は16bit(6万5536階調)、消費電力は8W以下(低電力モード時は2W以下)。本体重量は0.9kg。本体にはTWAIN/ISISドライバーとWindows 98/98 SE/Me/2000/XP対応画像取り込みソフト『ScandAll21』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン