このページの本文へ

ECS製“nForce 4”搭載マザーが来週登場予定!2店舗でサンプル展示中

2005年01月13日 21時47分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに“nForce 4”を採用したSocket939対応のECS製マザーボード「NFORCE4-A939」のサンプルがOnenessとドスパラ本店で展示されている。ショップによれば、登場は来週中旬とのこと。同チップセットを搭載したマザーボードはすでにGigabyteから登場している。

本体“nForce 4”を採用したSocket939対応のECS製マザーボード「NFORCE4-A939」のサンプル

 拡張スロットは、PCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3。DIMMスロットは4本でDDR400までの対応。Serial ATA II対応ポート×4となっており、チップセットによりRAID0/1/0+1をサポートする。そのほかインターフェイスは、USB2.0×4、ギガビットイーサネットがオンボード。なお、サンプル展示されている製品にはSPDI/F(コアキシャル、オプティカル)×各1が搭載されているが、同社のウェブサイトに記載されているスペックには表記がないため、製品版では異なる可能性がある点には注意。価格は、Onenessでは1万3000円を切る程度、ドスパラ本店では1万円前半を予定しているとのこと。

拡張スロット Seria ATA2
拡張スロットは、PCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3。Serial ATA2対応ポート×4となっており、チップセットによりRAID0/1/0+1をサポート
メモリスロット インターフェイス
DIMMスロットは4本でDDR400までの対応サンプル展示されている製品にはSPDI/F(コアキシャル、オプティカル)×各1が搭載されている。スペックが変更される可能性もある
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ