このページの本文へ

アスキーソリューションズ、多機能遠隔監視&操作ソフト『デスクトップスカウト 3.0』を発売

2005年01月13日 20時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アスキーソリューションズは13日、オーストラリアのGlobalPatrol社が開発した多機能遠隔監視ソフト『デスクトップスカウト 3.0』の販売を開始すると発表した。ダウンロード版を14日に、パッケージ版を2月4日に発売する。価格は、ダウンロード版が8505円から、パッケージ版が1万290円。

画面イメージ
“スクリーンコントロール”の画面

『デスクトップスカウト 3.0』は、社内LANやインターネットに接続されているパソコンの遠隔監視や操作を行なうためのソフト。監視機能では、監視対象となるパソコンの利用履歴の保存、閲覧機能では“アプリケーションログ”“スクリーンショットログ”“ウェブサイトログ”の3種類を利用できる。“アプリケーションログ”では、使用したアプリケーションの使用開始時間/アプリケーション名/使用時間/入力されたキーストローク(日本語変換前のアルファベット)の記録が可能。“スクリーンショットログ”では、監視対象のパソコンのデスクトップ画面をそのまま保存(時刻や間隔の設定も可能)し、スライドショーとして表示できる。“ウェブサイトログ”では、閲覧したウェブサイトのURL/閲覧開始時間/ウェブサイトのタイトル/閲覧時間を記録し、ログのURLのダブルクリックでウェブブラウザー(Internet Explorer)を起動させ、実際のウェブページを確認することもできる。1台のパソコンを複数のユーザーで共有している場合に、ほかのユーザーの状況を監視することも可能。

操作機能では、監視対象のパソコンの仕様/OSのバージョン/空きディスク容量/RAMの使用状況/起動開始時間/使用ユーザーなどの“システム情報”の閲覧のほか、監視対象のパソコンのファイルの削除や転送が可能な“ファイルエクスプローラ”、Windowsのタスクをリモートでビューワーに表示し、プロセスを停止できる“プロセスマネージャー”、監視対象のパソコンの画面を見ながら遠隔操作できる“スクリーンコントロール”、監視対象のパソコンのログオフ/再起動/電源オフを行なう“リモート管理”などの機能を利用できるという。

製品パッケージ『デスクトップスカウト 3.0』

対応OSはWindows 2000/XP。対応機種はPentium III-600MHz以上を搭載したPC/AT互換機。ライセンス番号取得のためにインターネット接続環境が必要となる。

ダウンロード版の価格は、1エージェントで8505円、2~4エージェントでは1エージェントあたり7560円、5~9エージェントでは1エージェントあたり6888円などで、100エージェント以上では1エージェントあたり3973円となる。ダウンロード版用キット(CD-ROM、ユーザーガイドセット)は2100円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン