このページの本文へ

リコー、ジェルジェットプリンターの新モデル『IPSiO G717』など2機種を発売

2005年01月13日 19時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リコーは13日、ジェルジェットプリンター“IPSiO G”シリーズの新製品として、印刷速度と普通紙画質を向上させ、低価格化を図ったA4対応モデル『IPSiO G717』と『IPSiO G515』の2機種を同日付けで発売すると発表した。価格は、『IPSiO G717』が6万5800円、『IPSiO G515』が4万9800円。

ジェルジェット(GELGET)プリンターは、インクジェットプリンターとレーザープリンターの技術を基にした独自技術“GELJETテクノロジー”を採用し、用紙にインクが着弾した瞬間にGEL(ゲル)化現象を起こす速乾性の顔料系耐水インク(GELJET ビスカスインク)や、用紙の搬送に静電吸着ベルトを利用するのが特徴。今回発売する『IPSiO G717』と『IPSiO G515』は、2003年11月に発表した『IPSiO G707』と『IPSiO G505』の後継機種に相当し、印刷速度はカラー/モノクロとも『IPSiO G717』で毎分20枚、『IPSiO G515』では毎分21枚に高速化されたほか、両面印刷にも標準で対応。文字領域とイメージ領域を別々に画像処理する独自の“レベルカラー印刷”などにより、『IPSiO G717』では1枚8.3円(モノクロは1枚2.3円)にランニングコストを低減したとしている。

『IPSiO G717』
『IPSiO G717』

『IPSiO G717』は、C/M/Y/Bk各色384ノズルのヘッドを搭載し、標準で250枚(オプションで500枚増設トレイを用意)の給紙に対応した上位モデル。解像度は最大で3600dpi×1200dpi相当。ページ記述言語はRPCSラスターを採用。インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed)に対応(推奨オプションのサイレックス・テクノロジー(株)製のネットワークボックスを利用すれば10/100BASE-TX、IEEE 802.11bにも対応)。対応OSはWindows 95/98/NT 4.0/Me/2000/XP、Windows Server 2003。本体サイズは幅490×奥行き469×高さ218mm、重量は11kg。電源はAC100Vで、消費電力は平均30W以下(省エネモード時は6W以下)。サポートサービスとして、本体からオプションまで、機種交換にも対応した保守サービス“GELJETサービスパック”や、宅配業者による引き取り修理に対応した“GELJET保守契約パック”を提供する。

『IPSiO G515』は、C/M/Y/Bk各色192ノズルのヘッドを搭載し、増設トレイには非対応のモデル。本体サイズは幅403×奥行き469×高さ218mm、重量は約10.6kg。消費電力は平均27W以下(省エネモード時6W以下)。インターフェースや対応OSを含め、そのほかの仕様は『IPSiO G717』とほぼ同等。

同社では『IPSiO G717』をオフィスのワークグループ単位の共有プリンターとして、『IPSiO G515』をオフィスのデスクサイドプリンターや店舗/窓口業務用プリンターとして販売するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン