このページの本文へ

ビー・ビー・ケーブル、ADSL利用の有線ラジオ放送サービス“「BB Audio」(業務用)”を開始

2005年01月11日 22時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビー・ビー・ケーブル(株)は11日、ADSL回線を利用した有線ラジオ放送サービス“「BB Audio(ビー・ビー・オーディオ)」(業務用)”の提供を1月中旬に開始すると発表した。飲食店/小売店などの店舗の業務用BGM向けに提供する。

“「BB Audio」(業務用)”は、ソフトバンクBB(株)が提供するバックボーン回線とADSL回線を利用し、法人向けADSLサービス“Yahoo! BB SOHO”の利用者向けに提供する有線ラジオ放送サービス。IPマルチキャスト技術を利用し、一斉同報のストリーミング配信を行なうもので、BB Audio専用チューナーをADSLモデムに接続し、オーディオ機器に接続することで音楽放送が利用可能となる。音源の供給と専用チューナーのレンタル、販売代理はキャンシステム(株)が担当するという。放送チャンネルは、キャンシステムが提供する有線放送サービスを基にした3つの番組プラン(各20チャンネル構成)で提供し、申し込み時に選択するようになっている。

料金は、加入契約料が5250円、BB Audio業務用利用料(月額)が2625円、BB Audio専用チューナーレンタル料(月額)315円。このほか“Yahoo! BB SOHO”の月額利用料が別途必要。サービス提供エリアは、東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/愛知県/大阪府/福岡県/北海道/京都府/兵庫県(各都道府県とも一部地域を除く)。

同社では、一般家庭向けのサービスとして“「BB Audio」(家庭用)”の提供も予定しており、開始時期や利用料金などの詳細については決まり次第発表するとしている。なお、同社は、有線ラジオ放送業務開始届を2004年9月6日に総務省関東総合通信局に提出している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン