このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【秋葉原】Low Profile版TVチューナ/キャプチャカード実売価格調査

2005年01月08日 20時10分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今や、メーカーPCではすっかり主流となっているスリムタワー型PC。ベアボーンPCでもフルタワー/ミドルタワー型の製品はあまり見かけなくなり、キューブ型とともにスリムタワー型の製品が売れ筋となっている。限られた筐体でTVキャプチャ環境を構築するとなると、考えたくなるのがLow Profile仕様のTVチューナ/キャプチャカード。現在ではバリエーションも増え、特により大きい基板面積を必要とするはずのハードウェアエンコード製品でもLow Profile対応製品が目立つようになってきた。
 そこで今回は、ハードウェアエンコード/ソフトウェアエンコードも含め、アキバの主要ショップでLow Profile対応TVチューナ/キャプチャカードの実売価格調査を行なった。

「EX-VISION 1500TV」
販売ショップの多さが目立つELSA製「EX-VISION 1500TV」

 目立つのは、ELSA製「EX-VISION 1500TV」を販売するショップの多さ。ハードウェアエンコード製品が低価格化しつつある中、1万7000円台~1万9000円台とやや高価な部類に入るが、あるショップによると売れ行きは好調で指名買いもよくあるという。

※価格は常に変動します。今回紹介する価格で販売されることをAkiba2GO!が保証するものではありません。実際の価格については、各ショップに直接お問い合わせください。
※掲載している価格の調査は6日に実施したものです

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中