このページの本文へ

イー・アクセス、FDD方式の次世代モバイル通信実証実験を開始――富士通と共同で

2005年01月06日 17時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イー・アクセス(株)は6日、同社が検討中のFDD方式(W-CDMA)による次世代モバイル通信において、2GHz帯を利用する通信実証実験を富士通(株)と共同で実施すると発表した。1月中に東京近郊で開始する。

実験内容は、W-CDMA基地局の性能評価、HSDPAなどの先端技術の検証などを予定しているという。電波伝搬などに関する試験については、商用周波数帯と想定される1.7GHz帯で同社が単独で実施する予定としており、1.7GHzの実験局の免許申請の準備を進めているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン