このページの本文へ

トラックボールを搭載した富士通コンポーネント製薄型ミニキーボードが近日登場!

2005年01月04日 22時47分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本体右側にトラックボールを搭載した富士通コンポーネント製薄型ミニキーボード、「FKB7412」の展示がぷらっとホームで行なわれている。

「FKB7412」
富士通コンポーネント製キーボード「FKB7412」。ぷらっとホームで予約受付中だ

 キー数はテンキーを省いた87。トラックボールは1インチ径で、3つのボタンとともにフルキーボードならばテンキーにあたる位置に配されている。本体サイズは360(W)×173(D)×32(H)mmとなっており、19インチラック(いわゆる一般的なマウントラック)に収納が可能という。また、本体上部にはホットキーが1つ装備されているが、これは同社製のPC切り替え機と組み合わせた際、OSD(オンスクリーンディスプレイ)呼び出しキーとして機能する。
 インターフェイスはPS/2で、ケーブル長は1.8m。日本語配列でキーストロークは3mm。近日発売予定で、予価は2万9800円。なおぷらっとホームによれば、USBインターフェイス版も予定されているとのことで、さらに英語配列版の販売も検討中とのこと。

ボール径は1インチ 英語配列版も検討中
トラックボールは本体右サイド。ボール径は1インチポップより。英語配列版も検討中のようだ
本文中で「同製品の予約を受付中」としていましたが、これはショップ側の間違いとの連絡があり、変更しました。現在はまだ予約を受け付けておりません。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ