このページの本文へ

“RADEON X700”搭載カードはファンレス仕様!

2004年12月24日 00時00分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから、“RADEON X700”を搭載したPCI Express対応のファンレス仕様カード「GV-RX70128D」が登場した。

本体
“RADEON X700”を搭載したPCI Express対応のファンレスカード「GV-RX70128D」
ヒートシンク
カードの裏側にもヒートシンクを搭載。カードをサンドイッチ状にしている

 カードをサンドイッチ状に挟むアルミ製の大型ヒートシンクが搭載されており、両面をヒートパイプで結合。ヒートシンクには炎のような形をした板が取り付けられている。搭載しているGPUは、パッケージには“RADEON X700LE”というATI未発表の型番が記載されているが、同社のウェブサイトによれば“RADEON X700”。コア/メモリクロックは、400/700MHzとなっており、ビデオメモリにはDDRタイプを128MB搭載する。インターフェイスは、D-Sub/DVI/HDTV対応のビデオ出力端子が用意されている。付属品として、S-Video/HDTV出力ケーブル、DVI/D-Sub変換コネクタ、コアクロックとメモリクロックのオーバークロックが行えるソフト「V-TUNER II」などが同梱される。価格は、アークで1万9680円、Onenessで1万9750円、高速電脳で1万9800円、TWOTOP秋葉原本店で1万9980円。

ヒートパイプ インターフェイス
裏表2枚のヒートシンクはヒートパイプで結合されているインターフェイスは、D-Sub/DVI/HDTV対応のビデオ出力端子が搭載されている
ケーブル1 ケーブル2
同梱されるS-Video/HDTV出力ケーブルDVI/D-Sub変換コネクタも同梱される
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ