このページの本文へ

“GeForce 6600”を搭載したLowProfileカードがELSAから登場

2004年12月24日 21時37分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ELSAから、LowProfile仕様の“GeForce 6600”搭載カード「GLADIAC 743 LP 128MB」が登場した。PCI Express x16に対応したLowProfile仕様のカードは、すでにATIの“RADEON X300SE”を搭載した製品が各社から登場しているが、“GeForce 6600”を搭載したモデルでは初となる。

本体
LowProfile仕様の“GeForce 6600”搭載カード「GLADIAC 743 LP 128MB」

 コア/メモリクロックは、300/500MHz。ビデオメモリには、DDRタイプを128MB搭載。GPUクーラーには、動作時にノイズレベルが23dB以下という流体軸受タイプの静音ファンを採用している。インターフェイスはD-Sub/DVI/HDTV対応のビデオ出力端子の3つ。D-Subコネクタはカードとケーブルで接続されている。パッケージにはLowProfile用のブラケットとして“DVI+ビデオ出力端子”と“D-Sub”用のブラケットが2つ同梱。LowProfileのケースでDualモニター出力で利用する際には、D-SubコネクタをD-Sub用のブラケットに接続して利用するため、2つのスロットを占有することになる。そのほか付属品として、コンポーネント/D端子変換ケーブルや3in1ビデオ出力ケーブル、DVI/D-Sub変換コネクタなどが同梱される。価格は、TWOTOP秋葉原本店で1万8780円、Onenessで1万9450円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万9800円。

インターフェイス ブラケット
VGAコネクタは専用のケーブルで本体に接続されているLowProfile用ブラケットが2つ付属する。2つのスロットを占有するので注意
付属ケーブル1 付属ケーブル2
HDTVの出力に対応した3in1ビデオ出力ケーブルが付属コンポーネント/D端子変換ケーブルが付属するのも同社の製品の特徴
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ