このページの本文へ

MSI製SLI対応マザーボード「K8N Diamond」登場!

2004年12月24日 21時36分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、“nForce4 SLI”搭載マザーボード「K8N Diamond」が登場した。

「K8N Diamond」
MSI製SLI対応マザーボード「K8N Diamond」
PCI Express x1スロットなし
本体。PCI Express x1スロットがないのが目に付くところ

 SLI対応のためにPCI Express x16スロット2本を搭載するが、その間隔は2スロット分あったASUSTeK製品とは異なり、Gigabyte製品と同様の1スロット分。よって同梱されているSLI用ビデオカード接続基板も、長さの短いものとなっている。SLIモードとシングルモードの切り替えは、他社製品と同様2本のPCI Express x16の間のスロットに差された基板で行なう仕組みだ。
 また、PCI Expressスロットはx16が2本のみとなっており、x1スロットは搭載されていない。PCI Expressはレーン数による上位互換性を備えていることを利用し、PCI Express x16スロットでx1スロットを兼ねさせることを意図した設計となっているようだ。

切り替え基板 接続基板
SLIモードとシングルモードの切り替えは、他社製品と同様の仕組みとなっているPCI Express x16スロットの間隔はスロット1本分。よって同梱の接続基板もこのように短いタイプ

 レギュレータに、ヒートパイプと冷却ファンを備えた大がかりなクーラーを装着しているのも目に付くところ。Serial ATAはチップセットによる4ポートのほか、小さなBGAパッケージのSilicon Image製“Sil3132”チップによる2ポートを備え、全て転送速度3Gbps対応。
 拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI×3、DIMM×4。IEEE1394、デュアルのギガビットイーサネットがオンボード。サウンド機能として、Creative製“Sound Blaster Live 24-bit”が搭載されるのも大きな特徴だ。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで2万7600円(25日より販売)、TSUKUMO eX.で2万7980円、フェイスで2万7670円、ドスパラ秋葉原本店で2万7800円、クレバリー1号店で2万8318円(26日販売)。このほかZOA 秋葉原本店でも入荷を確認しており、USER'S SIDE本店では明日25日より販売とのこと。初回の流通量はごく少量のようで、前述の店舗のうちフェイスとZOA 秋葉原本店ではすでに完売となっている。

Silicon Image製“Sil3132” レギュレータに搭載されるクーラー
Silicon Image製“Sil3132”チップ。小さなBGAパッケージが特徴だレギュレータに搭載されるクーラーは、ヒートパイプとファンを備えた大がかりなもの
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ