このページの本文へ

やっとBTXが自作可能に!対応CPUクーラー同梱CPU「Pentium 4-560J」が販売開始!

2004年12月22日 22時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BTX規格に対応するCPUクーラーが付属した「Pentium 4-560J」が登場した。入荷したのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は5万3550円。ただし、インテル純正のBTX対応マザーボードとのセット購入が条件となる。

裏面
BTX用クーラー同梱版の「Pentium 4-560J」が発売されたことで、ようやくBTXでの自作が可能になった
パッケージ
パッケージは、発売時に大きいと話題になったLGA775版パッケージをさらにひと回り大きくしたもの。手前からSocket 478、LGA775(ATX版)、LGA775(BTX版)となる

 BTX規格に対応する製品としては、先月13日にインテル純正マザーボードが、6月にはクーラーマスター製PCケース「CM Stacker STC-T01」の販売が始まっていたが、唯一足りなかったのがCPUクーラーだ。というのも、ATX規格とBTX規格ではCPUクーラー固定用の穴の位置が異なるため、従来のATX用のCPUクーラーを流用することができなかったからだ。今回、BTX用クーラー同梱版の「Pentium 4-560J」が発売されたことで、ようやくBTXでの自作が可能になったということになる。
 通常のLGA775版「Pentium 4-560J」と異なるのはパッケージサイズ。写真のように、発売時に大きいと話題になったLGA775版パッケージをさらにひと回り大きくしたものとなっている。そのパッケージにも“Balanced Technology Extended(BTX)”という記載が見られる。その他、実クロック3.6GHz、S-Spec“SL7Q2”というのは、すでに販売中の「Pentium 4-560J」と同じ。同梱のCPUクーラーが異なるだけで、それ以外は同様となっている。

BTX クロック
パッケージには“Balanced Technology Extended(BTX)”という記載が見られる実クロック3.6GHz、S-Spec“SL7Q2”というのは、すでに販売中の「Pentium 4-560J」と同じ
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ