このページの本文へ

NTTレゾナント、“goo”で検索と連携した音楽配信サービス“goo Music Store”を開始

2004年12月20日 20時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ レゾナント(株)は20日、インターネットポータルサイト“goo”において、Windoes Media Audio(WMA)形式に対応した音楽は配信サービス“goo Music Store”を同日付けで開始すると発表した。WMA形式の音楽配信サービスとして国内最大規模の約6万件(開始時)の楽曲ファイルを用意するとしている。価格は1曲あたり約200円から350円。購入にはID“goo ID”(登録無料)と“らくらく決済”への登録が必要。

“goo Music Store”では、“goo”の検索サービスと連動しており、アーティスト情報を検索すると、検索結果ページの上部に、音楽情報サービス“goo音楽”“goo Music Store”の合計約300万項目の楽曲情報から、アーティストの写真や関連ニュース、オリコンチャート情報、アルバム/シングルタイトル、該当する楽曲のダウンロード購入先のリンクを表示する。“goo”の検索キーワード自動補正機能と、アーティスト略称データベースを組み合わせ、正式名称だけでなく、一部のニックネームや略語でも検索できるという(ヒッキー→宇多田ヒカル、マツケン→松平健、ゴマキ→後藤真希、教授→坂本龍一、など)。また、新譜情報などを“RSS(RDF Site Summary)”でも提供するとしており、gooで提供している無料のRSSリーダーソフト『goo RSSリーダー』なら、デフォルトでサイト一覧に表示されるという。そのほか、ショッピングサイト“gooショッピング”を利用して、関連情報の入手やCDの購入なども可能という。

対応OSはWindows XP/2000/Me 98 SE。ウェブブラウザーはInternet Explorer 5.5(SP2以上)、メディアプレーヤーはWindows Media Player 9以上が必要。対応機種はPentium III-500MHz以上を搭載したPC/AT互換機。携帯オーディオ機器は、WMAとDRMに対応した機種に対応しており、3回まで転送できる。

同社では今後、2004年度内をめどに、携帯電話向けのサウンド入力型楽曲検索サービス“gooあて!?メロ”において、検索した楽曲を“goo Music Store”で提供している場合、検索結果内で紹介する予定としている。

なお、同サービスは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)の音楽配信サービス“OCN MUSIC STORE”と配信プラットフォームを共同利用するほか、コンテンツホルダーとの交渉/提携についてもエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズや(株)エヌ・ティ・ティ・データコンテンツプランニングと連携するなど、NTTグループ各社との連携が図られているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン