このページの本文へ

SRA、リスク管理システム『RATS』を発売

2004年12月17日 23時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)SRAは17日、リスク管理システム『RATS(Risk Assessment and Tracking System)』の販売を2005年1月に開始すると発表した。価格は10ユーザーライセンス(最小構成)の136万5000円から。

『RATS』は、同社が自社内のソフトウェア開発プロジェクト管理で実績を上げたリスク管理システムを製品化するもの。同社では、2003年度は全社プロジェクトの60%(約300プロジェクト)でリスク監視に利用し、トラブルによる計画外コストを前年度比で10分の1に削減できたという。

主な機能は、リスクの客観的評価、リスクの変化の追跡、リスクの可視化の3つ。システムは、PCサーバーとソフトウェアで構成され、基本ソフトにはLinux採用。サーバーソフトとしてApacheとTomcat、データーベースソフトとしてPostgreSQLを利用するほか、アプリケーションソフトとして『RATS Web Application』をプレインストールする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン