このページの本文へ

エルザジャパン、DivXとMPEG-4/-2のハードウェアエンコードに対応したTVキャプチャーボックス『ELSA EX-VISION 1700TV USB』を発売

2004年12月10日 20時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エルザジャパンは10日、ゴーストリデューサーや3次元YC分離などの高画質化回路を搭載し、DivXとMPEG-4/-2のハードウェアエンコードに対応したTVチューナー&キャプチャーユニット『ELSA EX-VISION 1700TV USB』を2005年1月下旬に販売を開始する予定。価格はオープン。編集部による予想販売価格は2万3000円前後。

『ELSA EX-VISION 1700TV USB』
『ELSA EX-VISION 1700TV USB』

『ELSA EX-VISION 1700TV USB』(EV1700TV-UR)は、松下電器産業(株)製のTVチューナーモジュール『VP27S』、米WIS Technologies社製のハードウェアDivXエンコードチップ『GO7007SB』、日本電気(株)製のゴーストリデューサーチップと3次元YC分離回路を搭載した、外付け型のTVキャプチャーユニットで、MPEG-4/-2とDivX Videoのハードウェアエンコードに対応したのが特徴。最大キャプチャー解像度は720×480ドット。TVチューナーはVHF/UHF/CATV(NTSC)に対応する。TVアプリケーションとして、ADAMS-EPG+に対応し、登録したキーワードを含む番組を自動録画する“おまかせ録画”機能を搭載した『INFO.TV Plus』や、リモート録画予約ソフト『reserMail』などが付属する。スタンバイ/休止状態からの自動復帰録画にも対応した。オプションとして、ソフトの起動/終了、チャンネル切り替えやタイムシフトなどに対応し、ELSA EX-VISION 1700TV USBのオンスクリーンディスプレイ機能と組み合わせれば、HDDレコーダーと同等の操作が可能となるUSBリモコン『EVRC-2』が用意されている。

インターフェースはUSB 2.0に対応。本体サイズは幅156×奥行き17×高さ91mm。電源はACアダプターを利用する。対応OSはWindows 2000/XP。ウェブブラウザーとしてInternet Explorer 5.5以上が必要。対応機種はPentium III-800MHz以上/Celeron-1.0GHz以上/Athlon-1.0GHz以上/Duron-1.0GHz以上のCPUを搭載し、128MB以上のメモリー、オーバーレイ対応のグラフィックスカードを搭載したPC/AT互換機。推奨CPUは、Pentium 4/Athlon XP以上。保証期間は1年間。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン