このページの本文へ

なぜかSLIを搭載した“GeForce 6600”カードが登場

2004年12月03日 21時37分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Albatronから、“SLI(Scalable Link Interface)”を搭載した“GeForce 6600”カード「GeForce 6600U」が登場した。“通常のGeForce 6600”からコア/メモリクロックが引き上げられており、大型の冷却機構を搭載している。

本体
“SLI(Scalable Link Interface)”を搭載した“GeForce 6600”カード「GeForce 6600U」
SLI
“GeForce 6600”搭載カードでは非サポートのSLIを搭載している
 

 NVIDIAの発表では、“SLI”は上位GPUの“GeForce 6800 GT”、“同6800 Ultra”、“同6600 GT”を搭載するカードがサポートする機能で、“GeForce 6600”搭載カードでは非サポートとなっている。どうしてこのような製品が登場してきたのかは不明だが、安価にSLI環境を構築したいというユーザーには魅力的だろう。コア/メモリクロックは、“GeForce 6600”搭載カードの動作周波数である300MHz/550MHzから350MHz/700MHzにクロックアップ。メモリはDDRタイプを128MB搭載する。
 カードに搭載されている冷却機構は、“GeForce 6600”搭載カードには珍しく基板をサンドイッチ状に両面から挟む大型のものを採用。同社のウェブページには、まだ製品の詳しい情報が掲載されていないが、デモ機を見たようすでは、ヒートシンクは銅とアルミを組み合わせたものを使用。銅製のヒートパイプを使用しており、ヒートシンクの片面には冷却ファンが搭載されている。

ヒートパイプ ファン
銅製のヒートパイプを使用している冷却機構にはファンも搭載されている

 インターフェイスはVGA/DVI/特殊端子によるHDTV Video-OUT。S-Video/コンポジット/HDTVコンポーネントが1つにまとめられたビデオ出力ケーブルと、HDTVコンポーネント/D端子(メス)変換ケーブルが同梱。価格は、ZOA 秋葉原本店で1万8980円。なお、TWOTOP秋葉原本店ではデモを行なっており、入荷は近日中とのこと。

インターフェイス ケーブル
インターフェイスはVGA/DVI/特殊端子によるHDTV Video-OUTS-Video/コンポジット/HDTVコンポーネントが1つにまとめられたビデオ出力ケーブルと、HDTVコンポーネント/D端子(メス)変換ケーブルが同梱される
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ