このページの本文へ

音質重視派のための25W+25W出力が可能なPC内蔵型アンプが登場

2004年12月01日 22時30分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Ego Systemsのコンシューマ向けブランドであるAudioTrakから、25W+25W出力が可能なPC内蔵型アンプ「CARDamp MK-II」が登場した。アンプユニットなしで、PC本体から直接パッシブスピーカーに出力が可能となる製品で、以前同社から発売されていた「CARDamp」の後継モデル。

パッケージ
25W+25W出力が可能なPC内蔵型アンプ「CARDamp MK-II」
基板
本体のアンプチップにはTripath社製の「TA2021B」を使用

 同製品は、アナログ信号をデジタルパルス信号に変換し増幅するデジタルアンプで、アンプチップにはTripath社製の「TA2021B」を使用している。内部には、アンチポップノイズやホワイトノイズ、電源ノイズなどを抑制するための回路が搭載されており、ダイナミックレンジは98dB。また、8ピンDIPタイプのBurrBrown製OPAMP(プリアンプ)チップである「BB 2134」を2個搭載しており、互換のOPAMPと交換することにより音質の調整も可能というマニアックな仕様だ。PCI接続の製品で、電源は内部の12V電源またはACアダプタ(別売)から供給される。

インターフェイス スロット
アナログ入力(ミニジャック)×1、アナログ出力(ミニジャック)×、パッシブスピーカー用のモノラルフォンジャック(5.5mm)×2PCIスロットは電源供給と、支えで利用するのみ。そのためドライバなどのインストールも不要

 インターフェイスは、アナログ入力(ミニジャック)×1、アナログ出力(ミニジャック)×、パッシブスピーカー用のモノラルフォンジャック(5.5mm)×2となっており、ブラケット部にボリューム調整用のツマミが用意されている。なお、同製品を使用するには350W以上の電源ユニットが必須としており、多くのデバイスへ電源供給している場合は400W以上の電源ユニットが必要となるので注意。サイズは、105(W)×100(D)mm。 フォンジャック/スピーカーケーブル (2m)×2、ヘッドフォン延長ケーブル(ミニジャック、1.2m)×1が同梱される。価格は、TSUKUMO eX.で1万4700円、アークで1万4700円(2日発売)、高速電脳で1万4800円(2日発売)となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ