このページの本文へ

DivXハードウェアエンコーダ搭載!外付けTVチューナ/キャプチャがプレクスターから

2004年11月26日 21時41分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレクスターから、DivXのハードウェアエンコードに対応した外付けTVチューナ/キャプチャユニット「PX-TV402U/JP」が登場した。光学ドライブでは確固たるブランドを築いている同社だが、キャプチャ関連製品はこれが初となる。

「PX-TV402U/JP」
プレクスター製外付けTVチューナ/キャプチャユニット「PX-TV402U/JP」
パッケージ
パッケージ。光学ドライブでお馴染みの同社だが、キャプチャ関連製品はこれが国内初登場

 DivXエンコーダチップには、WIS technology製“GO7007SB”を採用。リアルタイムでDivXフォーマットでの録画が可能となっている。DivX Networksから正式認証も受けており、プレクスターのウェブサイトでは「DivX対応機器への再生互換性の心配をすることなく、安心してご利用いただけます」とうたわれている。
 DivXだけでなく、MPEG1/2/4にも対応。最大解像度とビットレートは、MPEG1で352×240/1.15Mbps、MPEG2で720×480/6Mbps、MPEG4とDivXで720×480/4Mbps。このほかの各フォーマットでの録画モードは製品情報ページに全て記載されているので参考にされたい。
 本体サイズは184(W)×155(D)×32.4(H)mmで、インターフェイスはUSB2.0。同梱ソフトはTV録画ソフト「WinDVR」、ソフトウェアDVD/DivX/MPEGプレーヤ「WinDVD 5」、ビデオ編集/DVDオーサリングソフト「WinDVD Creator 2」。価格はパソコンハウス東映で1万7960円、フェイスで1万8970円。このほかアークでは明日から販売を開始する予定で、予価は1万8800円。

“GO7007SB” リアルタイムDivX
DivXエンコーダチップには、WIS technology製“GO7007SB”を採用リアルタイムでDivXフォーマットでの録画が可能という点が最大のウリだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ