このページの本文へ

日本AMD、モバイルノート向けCPU『モバイルAMD Sempronプロセッサ3000+』の出荷を開始

2004年11月24日 16時59分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本エイ・エム・ディ(株)は24日、薄型軽量のモバイルノートパソコン向けCPUの新製品『モバイルAMD Sempronプロセッサ3000+』の出荷を同日付けで開始すると発表した。価格は1000個ロット時の単価が1万4740円。

製品イメージ
『モバイルAMD Sempronプロセッサ』

『モバイルAMD Sempronプロセッサ3000+』は、Windows XP SP2と組み合わせて利用する拡張ウイルス防止(Enhanced Virus Protection)機能や、パワーマネージメントテクノロジー“AMD PowerNow!”を搭載するのが特徴。動作クロック周波数は1.8GHzで、L2キャッシュメモリーは128KBを搭載する。熱設計電力(TDP)は25W。製造プロセスは90nmのSOI(Silicon On Insulation)を採用し、パッケージは754ピンのリッドレスμPGAとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン