このページの本文へ

アルミ製筐体の2.1チャンネルスピーカー「K-8000」が発売に

2004年11月19日 23時56分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 すまいるから、アルミ製筐体の2.1チャンネルスピーカー「K-8000」が登場した。3つのスピーカーが1体となり、コンパクトにまとまったデザインが特徴だ。

「K-8000」
筐体にアルミを採用した2.1チャンネルスピーカー「K-8000」

 フロントに2つのスピーカー(3W+3W)を、底部にウーファー(8W)を装備。接続は3.5mmステレオミニジャックで、S/N比はフロントが75dB、ウーファーが73dB。サイズ184(W)×82(H)×85(D)mmで、正確な重量は不明だがずっしりとした重みがあり、安定感はよさそう。価格はOVERTOPで5680円、TSUKUMO eX.6480円。

サイドから 背面側
サイドから見たところ背面側。サイズ184(W)×82(H)×85(D)mmの本体は、重量があり安定感もよさそう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ