このページの本文へ

“CPL 2004冬季大会日本予選”熱戦続く!

2004年11月13日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日お伝えした、PCゲームの世界大会“CPL(Cyberathlete Professional League)”の2004年度冬季大会日本予選は、本日13日(土)が2日目。メイン競技となる「ハーフライフ: カウンターストライク」のトーナメントが行なわれ、8チームは4チームにまで絞られた。明日14日(日)には優勝チームが決定する。

8チームは4チームにまで
トーナメント表。8チームは4チームにまで絞られた

 試合会場は、BYOC(Bring Your Own Computer、各自が自前のPCを持ち込み、ネットワークに接続して対戦を楽しむこと。いわゆる“LANパーティー”)エリアの設けられた廣瀬本社ビル5Fの1つ下の階、“Necca秋葉原店”の奥の一角。5人1組で4チームが同時にプレイできるようになっている。
 5階のBYOCエリアは昨日に続き盛況。実況付きの観戦スペースも設けられており、多くのギャラリーを集めていた。また、ASUSTeK、Thermaltake、マイクロソフトといった協賛各社も製品展示を行なっていた。
 フォトレポートでは、そんな会場の様子を写真でお伝えしよう。

「Zboard」
Thermaltakeは、ゲームに合わせてキートップが交換できるキーボード「Zboard」などを展示
フォトレポート
フォトレポート。※写真をクリックするとフォトレポートページへとびます
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ