このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【最新パーツ性能チェック(Vol.28)】いよいよFSB1GHzオーバーへ!DDR2がフルに生きるPentium 4 Extreme Edition-3.46GHzの性能は?

2004年11月04日 19時54分更新

文● アスキープラス編集部 野口岳郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月のLGA775ショックとともに登場した新世代メモリ“DDR2”は、533MHzでの動作が可能だ。しかし、CPUのFSBが800MHzのままであるため、ベンチマークを取ってもDDR2化によるメリットは残念ながらあまり大きくはなかった。そんな中、DDR2の力をフルに引き出す1066MHz FSBのCPUが、ついに登場した。まずはフラッグシップのPentium 4 Extreme Editionでの採用となる。

アスキープラス12月号は、「nForce4マザー大速報レビュー」「Athlon 64 FX-55&4000+登場」「AOpen Pentium Mマザーレビュー」の3大レポート、現行ビデオカードを一網打尽に大比較する「現行グラボ完全理解」、用途別17種類の最適構成をお届けする「黄金率レシピで始めるPC自作大入門」の2大特集で、皆様を書店にてお待ちしています。シャトル製キューブ型ベアボーン13台が当たる豪華大プレゼントも実施中!

0.13μmの最速クロック更新

 11月2日に正式発表されたPentium 4 Extreme Edition(以下Pentium 4 EE)-3.46GHzは、従来3.4GHzまでだったPentium 4 EEシリーズの新たな最高速モデル。周波数が66MHz引き上げられたうえ、FSBが1066MHzにアップしている点が性能向上のポイントだ。これまでのPentium 4 EE同様0.13μmプロセスで製造され、コアもGallatin(Northwood+3次キャッシュ2MB)のまま。したがって2次キャッシュは512KBだ。パッケージはLGA775のみとなっている。
 0.13μmの製品としては、NorthwoodのPentium 4-3.4GHzが今年2月3日に到達した最高クロック、3.4GHzを約9ヵ月ぶりに更新した。気になる消費電力は110.7W(TDP)で、Prescott Pentium 4-3.4/3.6GHzの115Wよりは少ないし、Pentium 4 EEの3.4GHz版の109.6Wと比べても微増で済んでいる。3.4/3.6GHz対応のLGA775マザーになら問題なく装着できるはずだ。

パッケージ CPUの仕様
Pentium 4 Extreme Edition-3.46GHzのパッケージ。エンジニアリングサンプルのため、本来の刻印ではない。見た目は他のLGA775版CPUと変わらない。CPUZによるCPUの仕様。CPUID F25は初代Extreme Editionと同じ。ファミリー2は0.13μmのNorthwoodコアの系列を示す。Bus Speed(FSB)が1066MHzに、Level 3キャッシュが2048KBになっているのに注目。

 インテルによるOEM価格は11万820円で、Pentium 4 EE-3.4GHz(LGA775版)の11万4200円よりわずかに安いが、これは為替相場の影響で、米ドルべースではどちらも999ドルなので、「同価格でより高性能な製品で最上位を置き換えた」と見るのが妥当だ。
 また、既存のチップセットはFSB 800MHzまでしか対応していないため、今回のCPUとともに1066MHz対応の新チップセット“Intel 925XE Express”チップセットがアナウンスされた。インテル自身による搭載マザーボード「D925XECV2」「D925XEBC2」のほか、ASUSTeKも「P5AD2-E Premium」を発表、一部製品はすでに秋葉原の店頭に並んでいる

「D925XECV2」Intelの“i925XE”チップセット搭載マザー「D925XECV2」。ATXフォームファクタ。South BridgeはRAID対応のICH6R、IEEE1394も標準装備している。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ