このページの本文へ

内部に巨大なラジエータ!山洋電気製水冷ユニット装備のケース!

2004年11月02日 21時37分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラジエータ、ポンプ、ヘッドが組み立て済みとなる山洋電気製水冷ユニットを標準装備するケース「OWL-612-SLT/WC」がオウルテックから登場した。同社製ミドルタワー型ケース「OWL-612-SLT」に水冷ユニットを組み込んだ製品で、電源は別売りだ。

「OWL-612-SLT/WC」
「OWL-612-SLT/WC」。こうして見るとごく普通のケースだが…
ラジエータ
サイドパネルを外すと、巨大なラジエータが現れる

 水冷ユニットは、12cm角サイズの冷却ファンとポンプ(このモーターも山洋電気製)が一体となったラジエータと、水冷ヘッドにより構成される。完全密封式で冷却液を封入した状態で販売され、冷却水の交換が不要とうたわれている。ラジエータはケースの側面、CPUの真上にあたる位置に固定されており、組み立てやメンテナンスなどの際に邪魔にならないよう、ちょうつがいで外側へ開けるようになっている。12cm角ファンは温度による1300rpm~2400rpmの可変速式で、ポンプのモーターは2000rpmの定速回転。騒音値は最小28dB、最大42dB。同梱されるヘッド取り付け金具はLGA775/Socket 478用となっている。

ラジエータ 水冷ヘッド
ラジエータは冷却ファン、ポンプ(右上の丸いモーター)が一体水冷ヘッド。完全密封構造で冷却水の交換は不要とのこと

 ケース本体はオーソドックスな作りで、サイズは197(W)×98(D)×432(H)mm。ベイ数は5インチ×4、3.5インチ×2、3.5インチシャドウベイ×5。前面に9cm角ファン×1、背面に12cm角ファン×1を標準装備。前面インターフェイスはUSB2.0×2、IEEE1394×1、オーディオIn/Out。スチール製で、かつ1.15kgの水冷ユニットを搭載するため、重量は8.3kgと重め。価格は高速電脳で5万5440円、俺コンハウスで5万7800円、TSUKUMO eX.で5万7980円。

5万円台
価格は5万円台
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ