このページの本文へ

エプソンダイレクト、FSB1066MHz対応のタワー型デスクトップ『Endeavor Pro3100』を発売

2004年11月02日 12時03分更新

文● 編集部 内田泰仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクト(株)は2日、『Endeavor Pro3000』の後継となる同社デスクトップパソコンのフラグシップモデル『Endeavor Pro3100』の受注を開始し、11月中旬以降順次出荷すると発表した。従来製品と同様に、同社オンラインショップ“EPSON DIRECT SHOP”で販売され、注文時にスペックを自由に選択できるB.T.O.(Build To Order)に対応する。 最小構成価格は11万6550円。

『Endeavor Pro3100』

『Endeavor Pro3100』は、米国時間1日に発表されたFSB1066MHz対応のIntel 925XE Express+ICH6Rを搭載する“最速”を追求したハイエンドデスクトップパソコン。『Endeavor Pro3000』で採用された、エアーフローを考慮した内部構造と大型低速ファンによる排熱機構、ドライバーなしでメンテナンスが可能なツールフリー構造を備えるタワーケースを本モデルでも採用する。外観上の変更点は特にない。

主なB.T.O.メニューは、CPUがPentium 4 Extream Edition-3.46GHz(FSB1066MHz)/Pentium 4 530J-3EGHz~560J-3.6GHz(FSB800MHz)、メモリーが512MB~3072MB(PC4200 デュアルチャンネルDDR2 SDRAM)、光ディスクドライブは48倍速CD-ROMドライブ/CD-RW&DVD-ROMコンボドライブ(CD-R記録48倍速/CD-RW記録24倍速/DVD-ROM再生16倍速)/DVD±R/RWドライブ(DVD±R記録16倍速/DVD±RW記録4倍速/DVD+R DL記録2.4倍速/CD-R記録40倍速/CD-RW記録24倍速/DVD-ROM再生16倍速)/DVDマルチプラスドライブ(DVD±R記録8倍速/DVD±RW記録4倍速/DVD-RAM記録および再生3倍速/CD-R記録24倍速/CD-RW記録16倍速/DVD-ROM再生12倍速)。RAID構成も可能なHDDはシリアルATA接続で、

  • 80~250GB
  • RAID 0使用:160GB(80GB×2)/500GB(250GB×2)
  • RAID 1使用:160GB(160GB×2)/250GB(250GB×2)
  • RAID 0+RAID 1使用:320GB(160GB×2)+160GB(160GB×2)~500GB(250GB×2)+250GB(250GB×2)

が選択可能。内蔵可能なHDDは4台。ビデオカードは、PCI Express x16接続のATI RADEON X300SE/ATI RADEON X600XT/ATI RADEON X800XT搭載カードが選択可能。このほか、B.T.O.によりTV機能の追加が可能で、TV機能追加時は“EDiCube MR”などが搭載する統合TVアプリケーション『FINESTAION』がプレインストールとなる。

ネットワーク機能は10/100/1000BASE-T準拠のGigabit Ethernet機能を標準搭載。インターフェース類は、PCI Express x16スロット×1、PCI Express x1スロット×2、PCIスロット×3、USB 2.0×6(前面4、背面2)、PS/2×2、シリアル×2、パラレル×1、サウンド入出力など。OSはWindows XP Home Edition SP2またはWindos XP Professiona SP2。

本体サイズは、幅217×奥行き431×高さ505mm、重量は約17.5kg(最小構成時)。電源容量は350W、消費電力は最大540W、スタンバイ時4.0W。

参考構成と価格は、メモリー512MB/HDD 80GB/CD-ROMドライブ/ATI RADEON X800XT/Windows XP Home Edition SP2をそれぞれ選択し、CPUをPentium 4 530J-3EGHzにした場合の価格が17万2200円、Pentium 4 Extream Edition-3.46GHzの場合は30万5550円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン