このページの本文へ

“i845GV”搭載で“AGP Express”を装備した変り種マザーボードがECSから!

2004年10月30日 22時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから“i845GV+ICH4”搭載のSocket 478対応マザーボード「845GV-M3」が登場した。本来AGPをサポートしないはずの“i845GV”にECSオリジナルの“AGP Express”を装備したという変り種マザーだ。

845GV-M3
“i845GV+ICH4”搭載のSocket 478対応マザーボード「845GV-M3」
AGP Express
本来AGPをサポートしないはずの“i845GV”にECSオリジナルの“AGP Express”を装備した

 拡張スロットはAGP Express、PCI×3、DDR DIMM×2(PC2700/2GBまで)という構成で、サウンドと10/100Base-Tイーサネット機能がオンボード。ビデオカードの対応状況などは不明ながら、“i845GV”統合のVGAと“AGP Express”の同時出力が可能という。
 同社のウェブサイトによると、対応CPUはPentium 4-3.06(Northwoodコア/FSB533MHz)やCeleron D 335(Prescottコア/FSB533MHz)まで。FSB800MHzには対応しないとはいえ、Socket 478のCeleronにはほとんど対応するというのは心強い。販売しているのはドスパラ本店で、価格は6280円。

ブラケット部
i845GV統合のVGAと“AGP Express”の同時出力が可能
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ