このページの本文へ

ケイ・オプティコム、無線LAN機能内蔵のPHSデータ通信カード『MA-N3』の販売を開始

2004年10月29日 16時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ケイ・オプティコムは29日、PHSデータ通信カードを利用するインターネット接続サービス“eo64エア”専用の通信カードとして、無線LAN機能を内蔵したハイブリッドモデル『MA-N3』を発売すると発表した。価格は1万4700円。

利用イメージ
『MA-N3』の利用イメージ

“eo64エア”は、月額3150円でインターネット接続が使い放題となる“フルコース(使い放題)”と、月額基本料金が525円で通信料が1分あたり5.25円(上限料金4200円)の従量制の“プチコース(従量制)”の2つのコースが用意されているデータ通信サービス。『MA-N3』では、最大64kbpsのPHSデータ通信を利用したインターネット接続サービスに加え、IEEE 802.11b準拠の無線LANも利用できるのが特徴。無線LANの通信モードはインフラストラクチャー/アドホックモードに対応し、セキュリティー機能は128bit/64bit WEPをサポートする。

カードサイズは幅42.8×奥行き7×高さ58.5mm(アンテナ収納時)、重量は約20g。電源は3.3V。対応機種はCFカードスロット(Type II)またはPCカードスロットを搭載したパソコンとPDA(Pocket PC)。対応OSはWindows XP/2000/Me/98、Pocket PC 2002/2003。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン