このページの本文へ

マイクロソフト、フィリップ・スタルクがデザインした光学式3ボタンマウス“Microsoft Optical Mouse by S+ARCK”を発売

2004年10月25日 16時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は25日、インダストリアルデザイナーのフィリップ・スタルク(Philippe Starck)氏がデザインした光学式3ボタンマウス“Microsoft Optical Mouse by S+ARCK(マイクロソフト オプティカル マウス バイ スタルク)”を発表した。『Microsoft Optical Mouse by S+ARCK Blue』(ブルー)と『Microsoft Optical Mouse by S+ARCK Orange』(オレンジ)の2色のカラーバリエーションを用意する。(株)インターオフィスやヤマギワ(株)がインテリア製品を取り扱う直営店とオンラインショップで11月5日に販売を開始し、11月12日から順次全国販売を開始する。価格はオープン。推定小売り価格は3800円(税別)。

本体カラーは2色をラインアップ
『Microsoft Optical Mouse by S+ARCK Blue』(左)と『Microsoft Optical Mouse by S+ARCK Orange』(右)

“Microsoft Optical Mouse by S+ARCK”は、パソコンとの接続時にマウス本体中央のスリット状のイルミネーションが光るデザインを採用したのが特徴。従来のハードウェア製品とは異なる個性的な製品を開発したいという構想を持つ同社と、日常生活の中でデザインを身近なものにしたいというスタルク氏のアイデアが一致したことで製品化されたという。スタルク氏がマウス本体とパッケージのデザインを担当し、同社がシステム設計と製造を担当するというコラボーレーションがなされている。

一体化デザイン 製品パッケージ
上面全体が一体化され、ホイールの両側が左右のボタンになっている製品パッケージもスタルク氏がデザイン

本体にはシームレスボディーを採用し、中央にスクロールホイールを装備する。センサーは光学式を搭載する。本体サイズは幅65×奥行き113×高さ37mm。インターフェースはUSBを採用し、ケーブル長は約1.8m。対応機種はPC/AT互換機、Macintosh。対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98、Mac OS X 10.1~10.3。製品には2年間の製品保証が付属する。

ゲイツ氏とスタルク氏、そしてマウス
ビル・ゲイツ氏とフィリップ・スタルク氏、そしてマウス

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン